広告/スポンサーリンク

クセは強いけれど、あんまり意味のない歌詞やインパクトのあるアニメMV、「きっびっだ~ん♪きびっきびっだ~ん♪」という耳に残るフレーズに中毒者が続出!

YouTubeの再生回数は3千万回に及ぶ人気っぷりを博し、水曜のカンパネラの代表作となりました。

さらに、翌2015年に放送された「ヤフオク!」のテレビCMにコムアイさんが出演したことで、彼女のキャラクターが広くお茶の間に浸透し、バラエティ番組などメディア出演も一気に増えていったようです。

コムアイ CM集 “Yahoo! ヤフオク「人気ブランド劇的お得」”【歌手】KOM I - YouTube

出典:YouTube

水曜日のカンパネラは消えた?オワコン感を加速させた3つの出来事

そんな水曜日のカンパネラは、2017年2月にファーストアルバム「SUPERMAN」をリリースすると、翌3月8日には、初の日本武道館公演「八角宇宙」を開催。1万人以上を動員した武道館公演は大成功を収めました。

そして、この成功によってコムアイさんは、時代を象徴するような重要なカルチャーアイコンの一つに数えられる存在となっていきました。

が、しかし!

その後のコムアイさんは、次第にメディアへの露出が減っていくことに…いつしか、「水曜日のカンパネラはオワコン」「消えた?」なんて声がそこかしこから聞かれるようになっていったんですよね。

そこで今回、水曜日のカンパネラのオワコン感を加速させたと考えられる、主な3つの要因についてまとめてみました。

楽曲「ヒカシュー」で本家・ヒカシューともめる

水曜日のカンパネラは、2013年に「ヒカシュー」という楽曲を発表するのですが、これに現在も活動している老舗ロックバンド・ヒカシューが公式ブログで猛抗議するという事態に発展したのです。

本家のロックバンド・ヒカシュー

本家のロックバンド・ヒカシュー

水曜日のカンパネラというグループが、「クロールと逆上がり」というアルバムの中で曲名として「ヒカシュー」を使用している件に関し、すこしばかり憤りを感じていました。

同じ業態そしてジャンル、メディアも近接しているにも関わらず、彼らから何の相談もなく、その楽曲も音楽を聞く限りヒカシューとは関係がないようです。
広告/スポンサーリンク

あわせてヒカシューは、配信元であるつばさレコーズに対してタイトルの変更を正式に求めたところ、“水曜日のカンパネラ側にはタイトルに大きなこだわりもないらしく”早急にタイトルを変更するということで話がつくことに。

特にこだわりもなく、既存のバンド名(しかもかなり有名かつ個性的)を曲のタイトルを付けるってのも舐めた話かと。

その後、水曜日のカンパネラは公式Twitter上で、次のような謝罪ツイートを投稿しています。

長文なので全ては引用できなかったのですが、抗議とは言え、ヒカシュー側は終始非常に気を遣った表現で説明されており、場合によっては使用を許諾するとまで書かれていました。

結果的には曲名変更で片が付いたようですが、曲名を「名無しの権兵衛」に変更するあたり、なんだか嫌味なものを感じるのは私だけでしょうか。

パフォーマンスの「鹿の解体ショー」でファンをドン引きさせる

水曜日のカンパネラのライブやMVでは、コムアイさんの個性を前面に押し出し奇想天外なパフォーマンスを繰り広げていました。

例えば、ウォーターボールの中に入って観客の上を転がったり、神輿に乗って客席を移動したり、ライブ会場にトラックで登場したり…

そんな中でも極めつけが、鹿の解体ショーでした。

水曜日のカンパネラが、渋谷のライブハウスで鹿の解体ショーを行っていたことがネットや週刊誌の報道で話題になったのですが、これに国連世界動物救済支援機構の会長が激昂し、次のような告発文を公開する事態に発展したんですよね。

「生きとし生けるものには必ず命が有ります命を奪う権利は誰にも有りません。農家を荒らす鹿を退治したという大義ですが、市町村は誰もコムアイに害虫駆除を頼んではいません。

本人の趣味が鹿狩りと聞いてますが、コムアイがやった鹿の解体ショーは決して食育ではなく弱い鹿を殺してライブハウスに持ち込み、バックミュージックに3分間クッキングを掛けて楽しんでる行為は、異常者がやるスプラッターの猟奇プレイだと思います。

従って動物愛護法に触れる行為で有り厳重な処分を求めて国会に嘆願書を出す事に致します」

さすがにこれはやり過ぎだったようですね。ファンの間でもドン引きするコメントが続出していたようです。

ニップレス写真をインスタにアップしファンをドン引きさせる

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するまとめ

樫野有香(かしゆか)の結婚は?結婚観と好きなタイプを総まとめ

女性3人組テクノポップユニット「Perfume」のメンバーである樫野有香(かしゆか)。彼女はすでに30代とな…

aquanaut369 / 376 view

岡村孝子(あみん)の現在!元旦那の石井浩郎との子供や離婚原因・白血病とその病状を総ま…

女性デュオ「あみん」としてデビューした岡村孝子。元旦那はプロ野球選手だった石井浩郎であり、2019年に白血病…

aquanaut369 / 235 view

ファンキー加藤と加藤紗里の仲は?2人の関係を総まとめ

音楽ユニット「FUNKY MONKEY BΛBY’S」のファンキー加藤。彼は過去にお騒がしタレントの加藤紗里…

aquanaut369 / 111 view

笠松美樹(Sugarミキ)の現在!結婚の噂やプロフィールまとめ

1980年代に人気を集めた「Sugar」。そのメンバーのミキこと笠松美樹の現在が注目されています。今回は笠松…

aquanaut369 / 354 view

吉岡聖恵の兄と弟とは?実家と家族(父親/母親/兄弟)を総まとめ【いきものがかり】

人気バンド「いきものがかり」のボーカルを務める吉岡聖恵の家族が注目されています。今回は、吉岡聖恵の実家と家族…

rirakumama / 220 view

Megu(Negicco)の本名と年齢・身長やカップ数・似てる有名人を総まとめ

2020年に結婚を発表して話題になったNegiccoのMegu(めぐ)は初期から活動しているメンバーで、その…

aquanaut369 / 113 view

VERBAL(m-flo)の現在!事故の後遺症・年収・仕事情報もまとめ

人気音楽グループ「m-flo」のメンバー・VERBALの事故や現在をまとめました。九死に一生を得た事故の詳細…

Luccy / 77 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

木根尚登の素顔やサングラスの理由・身長を総まとめ

「TM NETWORK」のメンバーとして活動している木根尚登。彼はサングラスが長年トレードマークになっていて…

aquanaut369 / 215 view

Julietメンバー3人の現在!解散理由・プロフィールも紹介

ギャル系音楽ユニットとして活動していた「Juliet」はなぜ解散し、現在はどのような活動をしているのか注目さ…

aquanaut369 / 672 view

My Little LoverのAkkoは歌が上手い?下手?歌唱力や歌い方まとめ

音楽ユニット『MY LITTLE LOVER』のボーカルとして一世を風靡したAkkoさんですが、歌唱力につい…

sumichel / 181 view

西脇綾香(あーちゃん)とサバンナ高橋の熱愛と破局の原因まとめ

大人気テクノポップユニット「Perfume」のメンバーとして、ファンから「あーちゃん」の愛称で親しまれている…

passpi / 226 view

マークパンサー嫁・酒井薫子の薬逮捕の詳細!その後と現在の夫婦の様子も紹介

かつて、小室哲哉さんとKEIKOさんとともに、音楽ユニット「globe」のラッパーとして活躍したマーク・パン…

passpi / 4742 view

岡村孝子(あみん)の現在!元旦那の石井浩郎との子供や離婚原因・白血病とその病状を総ま…

女性デュオ「あみん」としてデビューした岡村孝子。元旦那はプロ野球選手だった石井浩郎であり、2019年に白血病…

aquanaut369 / 235 view

高部知子の若い頃!タバコにゃん事件やピアス写真・積木くずしへの出演も総まとめ

『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の3人娘『わらべ』の“のぞみ役を演じ、積木くずしで演技派女優と絶賛された高部…

sumichel / 347 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);