広告/スポンサーリンク

MALICE MIZER「Mana」とは

かつてGACKTがボーカルとして在籍していたヴィジュアル系バンド「MALICE MIZER」のリーダーで、ギター担当のMana。

GACKTの脱退騒動に関して、Manaとのトラブルが原因だったのではないかと言われています。

ManaとGACKTの間にどんなトラブルがあったのか、社長との恋愛が関係していると言われる噂とは。

気になる噂を検証するため、Manaの経歴や人となり、GACKTとのトラブル、そして現在の活動までをまとめました。
まずはManaのプロフィールから見ていきましょう。

Manaのプロフィール

名前:Mana(マナ)
生年月日:1969年3月19日
出身地:広島県
血液型:O型
身長:173cm

ヴィジュアル系バンド「MALICE MIZER」のリーダーで、ギタリストであるMana。
音楽プロデューサーやファッションブランドの代表として活動する他、現在は自身が手がけるソロプロジェクト「Moi dix Mois」のリーダーも務めており、多様なジャンルで活動しています。

「MALICE MIZER」は1992年に結成され、1997年にメジャーデビューを果たしました。
「ヴィジュアル系四天王」と呼ばれるほどの人気を博し、横浜アリーナ公演も成功させたMALICE MIZERですが、1999年にバンドの人気を牽引してきたボーカル・GACKTが脱退します。

その後Manaは、1999年にゴシックファッションのブランド「Moi-même-Moitié(モワ・メーム・モワティエ)」を立ち上げ、ファッションブランドのプロデュースを開始します。

2001年にMALICE MIZERが活動停止してからも、2002年にはブランドのイメージを音楽で表現するプロジェクトを開始し、ソロプロジェクト「Moi dix Mois(モワディスモワ)」をスタートさせました。

Moi dix Mois / Reprise-pv - YouTube

出典:YouTube

Manaといえば、人形のように無表情であることを徹底し、人前で喋らないという設定を忠実に守っています。
発言はバンドメンバーに耳打ちして代わりに喋ってもらう、ジェスチャーで伝えるなど、キャラクター性の高さも特徴です。

エレガント・ゴシック・ロリータ界隈、ゴスロリ界隈では教祖と呼ばれる存在で、ゴシック・ロリータ愛好家の間ではManaプロデュースのブランド「Moi-même-Moitié」は大人気。

Mana自身もドレスやゴスロリなどの衣装を多く着用しており、多くの人に影響を与え続けるカリスマ的な存在です。

Manaと社長vsGACKTのトラブル

広告/スポンサーリンク

MALICE MIZERの人気を牽引してきたボーカル・ GACKTですが、1999年にバンドを脱退した時の辞め方についてManaを始めとしたメンバーや社長とトラブルがあったと言われています。

MALICE MIZERのメンバーはプロ意識が高く、世界観と美学を重んじて納得いくまでメンバー同士ぶつかり合いながら作品を創り上げていくようなバンドでした。

その一方で、GACKT加入によりその人気が爆発的に飛躍した裏では、賞賛の声と期待に反し、メンバー達の心身に疲弊が見え始めていたといいます。

次第に意見を合わせることが難しくなり、音楽活動の意欲にも差が生まれ、メンバー全員が足並みを揃えて活動するのが難しくなったのかもしれません。
GACKTがMALICE MIZERを脱退したのは、そんな時でした。

ManaやメンバーとGACKTのトラブル

GACKT脱退の理由はメンバーと事務所との対立と言われていますが、「解散の話も出たが僕は活動を続けたかった」と主張するGACKTと「彼は嘘をついてる、僕達はそんなことを言っていない」と反論するメンバーで言い分に相違が生まれています。

実際のところ、GACKTとメンバー達が対立するようになったのは、爆発的に売れたことにより稼ぎも大きくなり、それが原因で生まれた金銭感覚の違いが原因だとも言われています。

メンバーの金銭感覚が鈍っていくのを感じたGACKTがそれを指摘したことで亀裂が生じ、トラブルに発展したのではないかと噂されています。

また、事務所の社長がManaの恋人だったとも言われており、Manaに味方する社長やメンバーとGACKTの間に埋まらない溝ができてしまったこともトラブルの原因、脱退に至った理由と言われています。

トラブル&脱退後のManaとGACKT

GACKT脱退後、メンバーのKamiが亡くなり3人が残されましたが、Yu-kiとKoziはGACKTと和解したことがGACKTの口から語られました。

しかしManaはGACKT脱退時に「彼の発する言葉に真実など見えなかった」「今後一緒にやることはない」と断言していることからもGACKTに一番怒りを持っていたようで、現在も和解には至っていません。

MALICE MIZER・Manaの現在

Manaは現在、ソロプロジェクト「Moi dix Mois」と、ファッションブランド「Moi-même-moitié」の活動を続けています。

2020年現在もライブ活動やブランドのファッションショーを行なっており、海外のイベントにも参加しているようです。

SNSでも積極的に発信しており、 現在YouTubeではレアすぎる日常動画も公開。

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

MiA(ギタリスト)の彼女や結婚は?好きなタイプを総まとめ【MEJIBRAY】

ビジュアル系バンド「MEJIBRAY」のギタリストであるMiA。彼は非常に女性人気が高く、彼女や好きなタイプ…

aquanaut369 / 3680 view

海外の人気ヴィジュアル系バンドランキングTOP50【V系/最新決定版】

ヴィジュアル系といえば日本発祥のジャンルといわれていますが、海外でもヴィジュアル系は大人気で、現在活躍してい…

maru._.wanwan / 15448 view

the GazettEの現在!メンバー人気ランキング・解散のデマも総まとめ

ヴィジュアル系ロックバンドのthe GazettE(ガゼット)は、今まで解散・活動休止をすることなく音楽業界…

kent.n / 10113 view

己龍(バンド)の現在!メンバー年齢・すっぴん画像・結婚と炎上も紹介

ヴィジュアル系バンド「己龍」のメンバープロフィールと年齢、すっぴん画像を大公開!結婚したメンバーの炎上騒動、…

Luccy / 9077 view

ナイトメアの人気曲30選!名曲ランキング【最新決定版】

ネオ・ヴィジュアル系ブームを巻き起こした人気バンド「ナイトメア」。日本が世界に誇る超大物ヴィジュアル系ロック…

kent.n / 3772 view

RaphaelのYUKI(本名/櫻井有紀)の現在!歌唱力・弟・結婚・最近の活動まとめ

元RaphaelのメンバーでボーカルのYUKIさん、現在は本名である櫻井有紀の名前でバンド「rice」を結成…

さくら / 10238 view

IZAMの昔と若い頃!身長や女装メイクをした理由も総まとめ

現在はベニバラ兎団という劇団を主宰するなど活躍するSHAZNAのIZAMさんですが、若い頃は女装メイクで一世…

sumichel / 5934 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ナイトメアの人気曲30選!名曲ランキング【最新決定版】

ネオ・ヴィジュアル系ブームを巻き起こした人気バンド「ナイトメア」。日本が世界に誇る超大物ヴィジュアル系ロック…

kent.n / 3772 view

吉田メタルのドラマ代表作10選!人気ランキング【最新決定版】

劇団☆新感線に所属し、おかまやゲイの役が多いことで知られる吉田メタルは、舞台だけではなく、ドラマにも出演して…

maru._.wanwan / 1795 view

FANATIC◇CRISISのメンバーと現在!解散理由と再結成も総まとめ

1990年代から2000年代にかけて人気を集めたビジュアル系バンドの「FANATIC◇CRISIS(ファナテ…

aquanaut369 / 17614 view

YOMI(ナイトメア)の現在!身長や本名と年齢・結婚情報・髪型とファッションも総まと…

ヴィジュアル系ロックバンド「ナイトメア」のボーカルを務めているYOMI(ヨミ/黄泉)さん。この記事では、YO…

kent.n / 12143 view

V系バンドの歌が下手なボーカル10選!音痴ランキング【最新決定版】

1997年、SHAZNAのブレイク期に一般にも定着するようになったとされる音楽ジャンルのひとつである「ヴィジ…

maru._.wanwan / 10455 view

AOI(SHAZNA)の現在!結婚した嫁と子供・本名と若い頃もまとめ

SHAZNAのギターとして活躍したA・O・I(アオイ)さんですが、現在は何をされているか注目されています。 …

sumichel / 3496 view

ka-yuの現在!Janne Da Arc脱退理由と内容証明・過去の事故も総まとめ

ka-yu(カーユ、本名:松本和之)さんは元Janne Da Arcのメンバーでベースを担当していました。脱…

さくら / 14076 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);