テノール歌手とは

混声合唱

混声合唱

混声合唱とは、一般的に男声と女声の合唱のことを指します。また、男性女性の性別を問わず、音域でパートというものが決まります。その構成は基本的に、ソプラノ・アルト・テノール・バスで、男声と女声で2つに別れます。楽曲により、ソプラノとアルトの間に、メゾソプラノが配置されたり、テノールとバスの間にバリトンが配置されます。また、作曲家によっては、ソプラノを2つに分けている場合もあります。

テノール

テノール

テノールは、端的に言えば、高い音声の男声歌手という意味合いです。前述に上げた、バスが男声では、一番低い音域を担当します。ラテン語ではテーノルといい、ラテン語で保持するというテネーレが語源と言われています。楽曲の基礎となる声部(声の音域)といわれており、テナーとも言います。また、オペラ業界では、イタリア語でテノーレ・リリコや、ドイツ語でヘルデン・テノールと分類されることもあります。

有名な男性日本人テノール歌手ランキングTOP50-46

50位:酒向隆憲

50位:酒向隆憲

酒向 隆憲は、岐阜県岐阜市在住のテノールオペラ歌手で、近年は多くコンサートに出演しており、中学校や高等学校の芸術鑑賞会や野外コンサートなど、様々なコンサートを行っています。第26回アジア国際音楽コンサート優秀賞、第43回TIAA全日本クラシック音楽コンサート優秀賞など、優秀な成績を修めている物もあり、その他様々なコンクールに入賞しています。

49位:武井基治

49位:武井基治

東京都江東区出身で、東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学声楽演奏家コース卒、同大学研究科オペラコース修了、2015年12月から2019年3月までの期間 さわかみオペラ芸術振興財団の助成を得て渡伊します。現在もイタリアに在住する有名な日本人テノール歌手です。

48位:木下保

48位:木下保

木下保は、日本の洋楽の黎明期を代表する音楽家として多大な功績を残したテノール歌手です。ベートーヴェン『第九』は、学生時代に東京音楽学校定期演奏会での公式初演で合唱団メンバーとして参加し、1927年(昭和2年)5月新交響楽団(現「NHK交響楽団」の前身)による初演奏「ベートーヴェン没後百周年演奏会」でソリストとしてデビュー。以降戦前の主だった演奏で常にソリストとして名前が記され、引退まで210回を越えました。

47位:中川牧三

47位:中川牧三

中川牧三は、京都府京都市中京区出身のテノール歌手で、1932年(昭和7年)、日本人歌手として初めてピアチェンツァ歌劇場でデビューします。2006年(平成18年)、103歳で日本人として初めてイタリア連帯の星勲章最高位を受けた有名テノール歌手です。

46位:北村敏則

46位:北村敏則

北村敏則は、京都府亀岡市西町出身の声楽家、音楽教育者で、現在、京都市立芸術大学音楽学部・大学院で声楽を指導しています。京都を代表するテノール歌手で、ペーター・シュライアーの再来といわれ、注目を浴びつつあります。

有名な男性日本人テノール歌手ランキングTOP45-41

45位:望月哲也

45位:望月哲也

望月哲也は、大学在学中に安宅賞、松田トシ賞受賞し、また、NTTドコモより奨学金授与されました。その後、二期会オペラスタジオに入所、修了時に最優秀賞、川崎靜子賞を受賞。その他、第35回日伊声楽コンコルソ第3位、第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位、第70回日本音楽コンクールオペラ・アリア部門第2位入賞を果たしています。

44位:田谷力三

44位:田谷力三

田谷力三は、大正から昭和期に活躍したテノール歌手で、正統派のテノール歌手としてだけでなく、浅草オペラの花形として、多くの人に愛されてきました。生涯現役を通し、日本の芸能史だけではなく音楽界にも大きな足跡を残した人物です。

43位:田原祥一郎

43位:田原祥一郎

1966年に同大学大学院オペラ科修了、同年の第1回民音コンクール1位、第35回毎日音楽コンクール声楽部門2位、同海外派遣特別審査会1位・松下賞を受賞するなど、有名なテノール歌手です。在欧中、ヴィオッティ国際音楽コンクール金賞、ロニーゴ国際声楽コンクール第2位、メラーノ国際コンクール第1位、エンナ国際コンクール第2位を受賞しています。

42位:田口興輔

42位:田口興輔

1975年からイタリアに文化庁派遣在外研修員として留学し、ミラノでマリア・カルボーネ、ジュゼッペ・パタネに師事、本場で体得したベルカントを駆使した歌唱を得意としています。オペラではプッチーニ『トスカ』カヴァラドッシ、ヴェルディ『シモン・ボッカネグラ』ガブリエレ、ビゼー『カルメン』ドン・ホセ、ヴェルディ『リゴレット』マントヴァ公爵などを当り役とし、ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ、プッチーニ『トゥーランドット』カラフなど、次々に主演を務めた有名テノール歌手です。

41位:加藤ヒロユキ

41位:加藤ヒロユキ

加藤ヒロユキは、京都大学経済学部在学中に、テノール歌手としてデビュー、関西を拠点に活躍し、レパートリーは小粋なジャズピアノの弾き語りから雄大なオペラアリアまで多彩です。テノール歌手という肩書きにとらわれずコンサートによってジャンルを即座に変えて表現することが出来る数少ない歌手です。

有名な男性日本人テノール歌手ランキングTOP40-36

40位:星洋二

40位:星洋二

星洋二は、1996年12月より1年間、文化庁在外派遣芸術家として、フランコ・コレルリのもとで、テノール独特の発声、歌唱技術を学ぶとともに、当時リッカルド・ムーティのもとでスカラ座のコレペティトーレであったダンテ・マッツォーラよりオペラ歌唱法を学びました。プロッティ、コレルリ両氏よりディプロマを授与され、在欧中はイタリア各地でコンサートに出演、本場の熱い絶賛を浴びました。

39位:鈴木寛一

39位:鈴木寛一

モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッタヴィオでオペラ界にデビュー、以来、プリモテノールとして数多くの舞台を経験します。1977年(昭和52年)ウィーンに留学。海外ではリリー・コラーに師事。プッチーニ『蝶々夫人』ロッシーニ『セヴィリアの理髪師』ドニゼッティ『愛の妙薬』モーツァルト『魔笛』ヨハン・シュトラウス2世『こうもり』團伊玖磨『夕鶴』等、主なオペラの主役を演じ、甘いベルカント唱法が高く評価されました。

38位:榛葉薫人

38位:榛葉薫人

榛葉薫人は、2003年『小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト こうもり』に参加、この頃から様々な演奏会、学内のオペラ公演の合唱など積極的に舞台に関わり始め、2008年『こうもり』アイゼンシュタイン役でテノールデビュー、2016年、『平成28年度島田市芸術文化奨励賞』を受賞するなど、有名テノール歌手として活躍しています。

37位:榛葉昌寛

37位:榛葉昌寛

榛葉昌寛は、国際ロータリー財団奨学生としてイタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院にて学び、現在は、日本・イタリア両国を中心に広く活躍しています。中央競馬での秋の天皇賞で東京競馬場において、約10万人の大観衆を目の前に国歌独唱を行い、プロ野球の日本シリーズ開会式において、国歌独唱を行うなど、知名度も高いテノール歌手です。

36位:小貫岩夫

36位:小貫岩夫

同志社時代は同志社グリークラブに所属しソリストとして一時代を築いた人物です。音大在学中の1995年「魔笛」タミーノ役に抜擢され、テオ・アダムと共演しデビュー。この成功により翌年、ケムニッツ市立歌劇場(ドイツ)に招聘出演し地元紙より好評を得ます。2013年天皇明仁・皇后美智子(当時)両陛下御親覧のチャリティー・ボールで演奏し御言葉を賜る他、フィレンツェではイタリア元首相夫妻主催のコンサートに招かれるなど、著名なテノール歌手として知られています。

有名な男性日本人テノール歌手ランキングTOP35-31

関連するキーワード

関連するまとめ

小林武史とミスチル桜井和寿が和解?2人の関係や不仲説の真相まとめ

「My Little Lover」の元メンバーであり、Mr.Childrenなどのプロデューサーとしても知ら…

passpi / 7218 view

中田ヤスタカの彼女や結婚・こしじまとしことの関係まとめ

1997年に同じ金沢市出身のこしじまとしこさんと結成した音楽ユニット「CAPSULE」が、2021年にメジャ…

passpi / 7416 view

ユッコ・ミラーの彼氏や結婚は?本名や年齢などのプロフィール・家族や学歴も総まとめ

日本のみならず海外でも大注目されているジャズ・サックス奏者ユッコ・ミラーさん。 そこで今回は、ユッコ・ミラ…

sumichel / 1998 view

松尾依里佳の旦那は清水章弘!結婚と子供・馴れ初めを総まとめ

バイオリニストでタレントとしても活躍する松尾依里佳さんは、現在結婚し子供もいます。 そこで今回は、松尾依里…

sumichel / 3280 view

村上ポンタ秀一の若い頃!結婚した嫁や子供など家族も総まとめ

日本が誇るドラム奏者として知られる村上ポンタ秀一さんですが、2021年3月に死去しています。 そこで今回は…

sumichel / 1729 view

小袋成彬は天才!出身高校と大学など学歴&経歴を総まとめ

音楽プロデューサーとして天才と称されている小袋成彬。彼はその類まれなる才能からその学歴や経歴も注目を集めてい…

aquanaut369 / 196 view

浅倉大介の若い頃と現在!激太りや病気説も総まとめ

音楽プロデューサーとして有名な浅倉大介さんですが、若い頃はaccessのキーボーディストとして人気を博してい…

sumichel / 2634 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

木嶋真優と旦那の結婚や子供!馴れ初めや相手の情報まとめ

世界的バイオリニストとして知られている木嶋真優さんですが、2019年に結婚していたことを発表し話題となりまし…

sumichel / 1099 view

田辺晋太郎の学歴(高校/大学)と経歴!焼肉関係のプロデュースや評判もまとめ

田辺晋太郎さんは「食のコンシェルジュ協会」を立ち上げお肉のプロデュースなどもされています。 小山田圭吾さんに…

さくら / 725 view

MIKIKO先生の本名と年齢は?大学など学歴と経歴を総まとめ

演出振付家として人気を集めているMIKIKO先生はPerfumeの振付師としても知られていますが、どのような…

aquanaut369 / 1181 view

松尾依里佳の実家と家族!父親と母親・妹・兄など総まとめ

人気番組「探偵!ナイトスクープ」の3代目秘書を務めたことでも広く知られている人気ヴァイオリニストの松尾依里佳…

kent.n / 1539 view

MIKIKOは東京オリンピック開会式演出をなぜ辞任?電通による排除が理由など文春の報…

東京オリンピックの開会式演出の執行責任者を務めていた振付師・演出家のMIKIKOさんですが、2020年11月…

passpi / 1633 view

神保彰のドラムは上手い!伝説やテクニックの凄さを総まとめ

日本を代表するフュージョンバンド「カシオペア」のドラムを担当し、同バンドの黄金時代を築いた神保彰さん。 そ…

passpi / 1144 view

廣津留すみれのバイオリンは上手い?下手?経歴と実力を徹底調査

アメリカが誇る名門ハーバード大学と、NYのジュリアード音楽院の“首席卒業”という輝かしい経歴をもつバイオリニ…

passpi / 4814 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング