広告/スポンサーリンク

尾崎紀世彦のプロフィール

名前:尾崎 紀世彦(おざき きよひこ」
生年月日:1943年1月1日
没年月日:2012年5月30日(69歳没)
出身地:神奈川県茅ヶ崎市

尾崎紀世彦は、代表曲「また逢う日まで」などで知られるポップス歌手です。

幼少期からラジオでジャズやカントリーを聴いて育ち、13歳の時に父親にウクレレを買ってもらったことで音楽に傾倒。

1960年に中学の同級生と6人組ハワイアンバンド「ヒロ・ハワイアンズ」を結成して音楽活動を開始しました。

1965年にカントリーバンド「ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ」に加入してセカンドボーカル&ギターとして活動し、1967年にはコーラスグループ「ザ・ワンダース」を結成して本格的な音楽活動に乗り出しました。

1970年に「別れの夜明け」でソロデビューし、1971年にリリースした「また逢う日まで」が売上100万枚突破を記録する大ヒットとなり、「第13回 日本レコード大賞」「第2回 日本歌謡大賞」の大賞を受賞しました。

代表曲は他にも「さよならをもう一度」「雪が降る」「愛する人はひとり」「サマー・ラブ」「太陽は燃えている」などがあり、70年代を代表する歌手として人気を集めました。

ここではそんな尾崎紀世彦の晩年と死因をまとめました。
芸能活動休止から死去までの晩年の様子、肝臓がんをはじめとした病気と死因、お別れの会を含む葬儀や墓の場所をお届けします。

尾崎紀世彦の晩年

尾崎紀世彦は、2012年5月30日に69歳で死去しました。

死去の1年前である2011年4月には、翌5月に公演予定だったコンサートを病気療養のため中止することが発表され、尾崎紀世彦はコンサート中止後に表舞台から姿を消しました。

マスコミは「尾崎紀世彦 失踪説」と報じ、度重なる取材や問い合わせが行われましたが、約1年の時を経て2012年4月に親族により「尾崎紀世彦は1年以上前から入院している」と明かされました。

尾崎紀世彦の晩年:入院療養していた

2012年4月、週刊女性が尾崎紀世彦の現状を報じ、病気療養のため入院中であることが判明しました。

尾崎紀世彦は2011年のコンサート中止後に所属事務所との契約を終了し、その後失踪説が流れるように。
週刊誌記者が自宅を訪れると埃を被ったバイクやチラシが詰め込まれたままの郵便受けがあり、人が住んでる様子は一切感じられなかったといいます。

そこでスポーツ紙記者が尾崎紀世彦の実兄に直撃取材を行なったところ、「実は1年以上前から入院している」と明かされました。

親族のいるハワイに行くことはあるものの、基本的に自宅には戻らず入院生活を続けているとのことで、退院の目処は立っていないことも報告されました。

尾崎紀世彦の晩年:病気に悩まされていた

広告/スポンサーリンク

尾崎紀世彦の晩年は、病気に悩まされる日々でもありました。

2010年に胃がんの手術を受け、2011年3月には再手術をして闘病生活を送り、2011年に肝臓に転移、2012年に肺に転移しました。

死去の前は半年間ほどろくに食事をとることができず、点滴に頼っての生活だったといいます。

そして2012年5月30日に容体が悪化し、最期はハワイから駆けつけた息子が一人で看取る形となりました。

尾崎紀世彦の晩年:入院中の様子

尾崎紀世彦は晩年、親族や実兄の見舞いを受けながら病院で過ごしました。

マスコミで「尾崎紀世彦 失踪説」としきりに報じられていた頃も入院中で、病院のテレビを見て「俺はここにいるよ」とニヤニヤしていたことが明かされています。

また、2012年3月には自身のバックバンドのライブに姿を見せ、ステージで3曲を熱唱しました。 
これが尾崎紀世彦の歌手人生最後のステージとなりました。

余命宣告後は親族も集まり、前妻や前々妻も見舞いに訪れたといいます。
子供や孫とも会うことができ、最後の時間を家族と共に過ごしました。

尾崎紀世彦の死因は肝臓がん

尾崎紀世彦の死因は「肝臓がん」と公表されています。

2010年に胃がんを患って以降闘病生活を送っていた尾崎紀世彦ですが、がんは肝臓や肺にも転移し、2012年5月30日に肝臓がんのため死去したことが報じられました。

尾崎紀世彦の死後、歌手としての生前の功績が評価され、2012年12月30日に日本作曲家協会より「第54回 日本レコード大賞」の特別功労賞が贈られました。
また、2013年10月1日には「大衆音楽の殿堂」の顕彰者に入選し、殿堂入りを果たしました。

尾崎紀世彦の葬儀と墓

2012年5月31日に尾崎紀世彦の通夜が、翌6月1日に告別式が営まれました。
葬儀は本人の希望により密葬で、その後音楽仲間の有志によりお別れの会が開かれました。

2012年9月2日、ホテルオークラ東京にて「尾崎紀世彦をしのぶ会」が開かれました。
発起人は尾崎紀世彦と同じ時代を生きた音楽仲間である今井直次・前田憲男・猪俣猛・筒美京平で、長年親交があった多くの音楽関係者や友人が出席しました。

古くからの友人である尾藤イサオ・錦野旦・つのだ☆ひろらが揃って代表曲「また逢う日まで」を大合唱し、約600人の出席者と賑やかに尾崎紀世彦を見送ったとのことです。

尾崎紀世彦の墓は神奈川県藤沢市

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

森田健作の若い頃と身長!昔の経歴や活躍を総まとめ

近年は千葉県知事を3期務めるなど政治家として活躍した森田健作さんですが、若い頃にも注目が集まっています。 …

sumichel / 1115 view

前田吟の身長は?似てる有名人も総まとめ

名脇役として長年活躍する前田吟さんですが、似てると話題の有名人が何人かいるようです。 そこで今回は、前田吟…

sumichel / 1503 view

平井大が結婚した嫁と子供!出身と生い立ち・家族まとめ

シンガーソングライターの平井大の出身地、生い立ちや両親など家族、自身のMVに登場した彼女と結婚した真相や子供…

Luccy / 4186 view

克美しげるの結婚や嫁と子供(息子/娘)・孫を総まとめ

「エイトマン」などの楽曲で知られている克美しげる。彼は生前は結婚歴が多かったようで、嫁や子供について気になる…

aquanaut369 / 9219 view

布施明はハーフ?身長や若い頃・実家の親や兄弟を総まとめ

圧倒的な歌唱力と伸びのある声で歌手として大活躍する布施明さんには、ハーフ説が浮上しています。 そこで今回は…

sumichel / 11510 view

YOSHIはハーフ!本名と身長・父親と母親など家族も総まとめ

モデルやシンガーソングライター、俳優として注目を集めていたYOSHIが2022年に交通事故に遭い急逝しました…

aquanaut369 / 8430 view

ジャミールは何者?経歴と事務所・アミューズやジャニーズとの繋がり・SixTONESへ…

ガーシーこと東谷義和の暴露で何者なのか話題になっているシンガーソングライター、ジャミールの経歴と事務所解雇の…

Luccy / 2701 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

福山雅治の身長と体重!身長サバ読み疑惑の検証と疑惑が浮上した理由まとめ

シンガーソングライターであり、俳優としても顕著な活躍を魅せている福山雅治さんですが、なにやらネット上では、身…

passpi / 34774 view

尾崎紀世彦のハーフ説と身長!父親と母親など実家の家族まとめ

昭和の時代に活躍した歌手の尾崎紀世彦。彼はその見た目から「ハーフ?」と噂されていて、家族についても気になるフ…

aquanaut369 / 1193 view

吉川晃司と天海祐希の熱愛から破局原因!結婚しなかった理由も総まとめ

2011年に一般女性との結婚を発表した吉川晃司さんですが、過去には天海祐希さんとの熱愛がスクープされ結婚間近…

sumichel / 3071 view

三木道三の現在!改名理由と仕事・年齢・結婚や嫁と子供もまとめ

「Lifetime Respect」の大ヒットで知られるレゲエシンガーで、現在は「DOZAN11」の名前で活…

Luccy / 13692 view

秦基博の声や歌い方の特徴とは?歌唱力まとめ

秦基博は幅広い世代から支持されているシンガーソングライターです。秦基博の歌声に心を掴まれている方も多いのでは…

rirakumama / 2450 view

Vaundyの歌い手時代!当時の活動や音楽を始めたきっかけを総まとめ

シンガーソングライターとして人気が高いVaundy(バウンディ)は過去に歌い手時代があり、当時の活動について…

aquanaut369 / 7590 view

佐野元春の昔と若い頃!伝説や名曲・最高傑作を総まとめ

2020年にデビュー40周年を迎え現在も第一線で活躍する佐野元春さんですが、若い頃にも注目が集まっています。…

sumichel / 2628 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング