広告/スポンサーリンク

TENN(ET-KING)のプロフィール

TENN(テン)

TENN(テン)

本名: 森脇 隆宏(もりわき たかひろ)
生年月日: 1978年12月11日
出生地: 大阪府東大阪市
没年月日: 2014年9月25日(35歳没)
死没地: 大阪府大阪市天王寺区
身長: 164.9 cm
血液型: AB型
学歴: 桃山学院高校卒業
職業: ミュージシャン
所属ユニット: ET-KING
活動期間: 1999年 - 2014年[1]
配偶者: 上原多香子 (2012年 - 2014年)

TENNが活躍したET-KINGの特徴と活動休止

1999年に大阪の大国町で誕生した「ET-KING」は、5MC+1DJ+1総合司会という異色のメンバー構成で、ヒップホップからロック、さらに歌謡曲や演歌までバラエティに富んだ音楽を関西弁で聴かせるJ-POPユニットです。

ライブ時はメンバー全員が「大阪大国町纒屋 ET-KING」と記された揃いの法被を身に纏い、まるでお祭りのようなハイテンションなパフォーマンスを繰り広げ、人気を博しました。

そんなET-KINGの代表曲と言えば…

ET-KING - 愛しい人へ - YouTube

出典:YouTube

2007年2月14日にリリースされたET-KINGの3rdシングル。

ET-KING - ギフト - YouTube

出典:YouTube

2007年9月12日にリリースされたET-KINGの4thシングル。心に刺さる歌詞と耳馴染みの良く覚えやすいメロディーで人気を博すと、たちまち結婚式で歌われる定番ソングとなりました。

しかし、同時期にリリースしたこの2曲のインパクトが強すぎたせいか、その後は次第に人気が低迷していったET-KING。

そして、2014年3月より11都市11公演に及ぶ「結成15周年記念全国ツアー」をスタートさせたET-KINGでしたが、翌4月29日に地元・大阪で行われた最終公演をもって一旦活動を休止しています。

活動休止を決めた理由については、メンバーは次のように説明していました。

広告/スポンサーリンク
「結成15周年を迎えるにあたり、メンバー全員で繰り返し話し合いを進めてきました。
自分達に、この先何が出来るのか? 
7人で作る音楽の意味とは何なのか? 
いま一度グループとしての活動を見直し、また一から新しいET-KING というものを作り上げていく、そんな時間が必要だという意見に達しました」

そんなET-KINGを、いときんさん、KLUTCHさんとともに立ち上げた初期メンバーの1人であるTENNさんの突然の訃報が報じられたのは、ユニットの活動休止からわずか5ヶ月後の2014年9月26日のことでした…。

TENNが突然の自殺により死去!現場は自宅駐車場の車内だった…

2014年9月25日の午前7時半頃、大阪市天王寺区にあるTENNさんの自宅マンションの駐車場にて、停車中の自家用車の車内で首を吊った状態のTENNさんを、妻である上原多香子さんが発見。

上原多香子さんはすぐに、近くに住むTENNさんの母親に連絡し、駆けつけた母親が119番通報するも、既に心肺停止の状態で、その場で死亡が確認されたと言います。

TENNさんと上原多香子さん夫婦とは家族ぐるみの付き合いをしていたという知人女性は、報道陣の取材に対して、その当時のTENNさんと上原多香子さんの様子について、次のように語っています。

TENNさんは前日24日昼、上原に「レコーディングがある」と言って自宅を出発。上原は夕食を作って夫の帰りを待ったが、なかなか帰らない夫はレコーディングが長引いたものと考え、先に就寝した。

朝目覚めた時には、TENNさんが帰宅した形跡がなかった。探しに行こうと駐車場へ向かったところ、自家用車内で変わり果てた夫を発見したという。

上原は「思い当たる節がない」と話したぐらいで、憔悴(しょうすい)しきり、ほとんど言葉を交わせない状態だという。

なお、TENNさんは、ET-KINGの活動休止以降も、同ユニットのメンバーであるセンコウさんとBUCCIさんの3人で「ヒロウモンズ」を結成し、自殺する直前まで地元大阪を中心に精力的なライブ活動を展開していました。

特に、自殺する前日である9月24日の昼頃にも、自身のブログを更新しており、「作る」というタイトルを付けられた生前最後のブログ記事には、次のような前向きとも思える言葉が綴られているんですよね。

「曲を、、0から生み出す作業。なかなか難しいが、出来上がりは嬉しい。さあ作りますか。」

ヒロウモンズ

ヒロウモンズ

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

CHEHONの結婚や嫁と子供!彼女との馴れ初めもまとめ

大麻所持で逮捕されたレゲエミュージシャン・CHEHON(チェホン)の結婚をまとめました。ライブ中にステージで…

Luccy / 2415 view

Zeebraは慶應出身!小学校と中学や高校・学生時代まとめ

ヒップホップMCとして活躍されているZeebra(横井英之)ですが、実は小学校から慶應に通っていたお坊ちゃま…

rirakumama / 9855 view

RIP SLYMEの現在!メンバー人気ランキング・活動休止の理由や不仲の噂も総まとめ

2018年10月に活動を休止したRIP SLYMEですが、2022年4月に3人体制で再始動しました。今回の記…

kent.n / 8691 view

SILENT KILLA JOINTの彼女や結婚は?熱愛情報まとめ

ラッパーとして人気を集めているSILENT KILLA JOINT(サイレントキラジョイント)。過去に彼女が…

aquanaut369 / 2466 view

SCARSのSTICKY(ラッパー)が死去!死因・本名や年齢まとめ

ヒップホップユニット「SCARS」のメンバー・STICKYが2021年1月に死去したことがわかりました。公式…

Luccy / 21467 view

日本のヒップホップ邦楽歌手人気ランキングTOP35【最新決定版】

今やヒップホップは海外だけではなく、日本国内でもその人気は目覚ましく、ヒップホップが日本で流行り始めた198…

maru._.wanwan / 8078 view

VIGORMAN(変態紳士クラブ)の現在!本名と年齢・学歴と高校・家族や結婚・逮捕ま…

日本のレゲエDJで「変態紳士クラブ」のメンバーとしても活躍するVIGORMAN。ジャパレゲ界を盛り上げるVI…

Luccy / 1370 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

日本人ラッパー人気ランキングTOP30!ラップが上手い【最新決定版】

多岐にわたるミュージックジャンルの中で、ラップはメッセージ性があり、さらにファッション性もあることから世界的…

maru._.wanwan / 41643 view

ケツメイシのメンバーと現在!結婚・不仲説・悲惨な病気や死亡説を総まとめ

楽曲のリリースとライブ活動が中心で、テレビなどのメディアに顔を出すことは非常に稀な人気ヒップホップ・グループ…

passpi / 73489 view

DJ KENTAの現在!BAD HOP脱退理由や結婚情報も総まとめ

元BAD HOPのメンバーとして活躍していたDJ KENTAさんですが、2017年に脱退しています。 そこ…

sumichel / 13083 view

AK-69の本名と年齢!実家と家族(父親/母親/兄弟)もまとめ

「And I Love You So」の大ヒットで知られるヒップホップアーティスト・AK-69の本名・年齢・…

Luccy / 10241 view

Zeebraと祖父・横井英樹の関係や仲を物語るエピソードまとめ

多くのラッパーからリスペクトを集めているZeebraさんですが、その祖父は「ホテルニュージャパン火災事件」で…

passpi / 6438 view

二ドラアサシンの彼女は結まきな!手マン事件のインスタライブも総まとめ

ラッパーとして人気を集めているニドラアサシ。彼女で元AV女優の結まきなとの手マン事件で話題を呼び、その後の活…

aquanaut369 / 37395 view

ハハノシキュウの正体!本名と年齢・性別と顔・学歴と経歴・結婚や嫁と子供など家族も総ま…

謎の多いラッパーとして人気を集めているハハノシキュウ。その正体が気になるファンは多く、今回はハハノシキュウの…

aquanaut369 / 11187 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング