日本人男性サックス奏者有名ランキングTOP75-61

75位:林栄一

75位:林栄一

生年月日: 1950年1月1日
出生地: 東京都

1980年、山下洋輔トリオにプラスワンとして参加した。1990年、初リーダーアルバム『MAZURU』を発表。同バンドでドイツ・ニュールンベルグ・ジャズ・フェスティバルに出演、好評を博す。1990年代中期には、片山広明との双頭バンド、デ・ガ・ショーで活動。現在は林栄一クインテットをはじめ、渋谷毅(p)オーケストラ、板橋文夫(p)DUO、その他様々なセッションで活躍中です。

74位:原田忠幸

74位:原田忠幸

生年月日: 1936年7月20日
出生地: 京都府

1954年「原信夫とシャープスアンドフラッツ」に入団し2年後に退団。1956年「西條孝之介とウエストライナーズ」に参加。1966年に渡米し、ロサンジェルス、ラスベガスでスタジオ、ショーを中心に活動。帰国後1971年に自己のバンド「ザ・ハーツ」を結成。そのほか、フランク・シナトラ、ヘレン・メリルの来日公演で伴奏を務めるなど多くの活動を行ないました。

73位:日野林晋

73位:日野林晋

高校時代よりサックスを開始。大学時代はビッグバンドサークルへ所属。卒業後テナーサックスへ転向し様々なコンボ、ビッグバンドなどへ参加。並行してアレンジャーとしてもJazz Vocalist・水上まり、足立直子、出口雅之氏のJazzアルバムなどにもアレンジを提供しています。

72位:平野公崇

72位:平野公崇

東京藝術大学在学中、第7回日本管打楽器コンクールで第1位。卒業後、パリ国立高等音楽院に入学、サクソフォン科、室内楽科、即興演奏科を最優秀の成績で卒業。日本テレビ 「深夜の音楽会」委嘱作品「7つの絵~有元利夫に捧ぐ」では作曲家としても高い評価を受け、現在番組のオープニングテーマ曲として使われています。

71位:ひび則彦

71位:ひび則彦

2000年にはモントリオール国際ジャズフェスティバルに出演。現在は、ジャズ・サックス・アンサンブル「HIBI★Chazz-K」のリーダーとして全アレンジを担当。アメリカ(ニューヨーク、ワシントン)フランス(パリ)中国(北京)韓国(安山、浦項)等、世界のストリートフェスティバルで活動しています。

70位:原博巳

70位:原博巳

東京ミュージック&メディアアーツ尚美、東京藝術大学音楽学部別科をどちらも首席で卒業すると、サクソフォンを服部吉之、冨岡和男の両氏に師事。1996年、第13回日本管打楽器コンクール第1位。1998年、第2回アドルフ・サックス国際コンクール第3位入賞。2002年、第3回同コンクールで日本人初の第1位受賞など数々のタイトルを手にしています。

69位:藤枝伸介

69位:藤枝伸介

出生地: 茨城県

2012年より音楽レーベルSoFa Records(ソファーレコーズ)を運営。2003年頃よりクラブジャズバンド i-dep(アイデップ)のサックス、フルートとして活動、Summer SonicFestivalやSXSW等国内外大型フェスへ出演。谷中敦( 東京スカパラダイスオーケストラ)とのサックスデュオ 2 of a kind 、DJ井上薫とのユニットFusik、DACHAMBOのシンセストCD HATAとの PolarChalors 、またソロとしてSINSUKEFUJIEDAGROUPやピアニスト富樫春生とのデュオなどでライブ、リリースを重ねています。

68位:福井健太

68位:福井健太

出生地:静岡県浜松市

東京藝術大学在学中より演奏活動を開始し、あらゆるシーンで活躍する演奏家としてリサイタル、コンサートやライブ活動を国内外で展開しています。様々なアーティストとのコラボレーション、オーケストラの出演、バンドのサポート、吹奏楽や室内楽の指導も積極的に取り組んでいます。

67位:藤田淳之介

67位:藤田淳之介

生年月日:1979年
出生地:1979年

2003年10月、インストゥルメンタル・ユニット“Clacks”のメンバーとして「Clacks」でメジャー・デビュー。2008年に解散後、TRI4THに加入し、2009年3月に「TRI4TH plus EP」でデビュー。2009年11月、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽のミュージカル『TALK LIKE SINGING』の東京とニューヨークの公演に参加しました。

66位:古村敏比古

66位:古村敏比古

浜田省吾、織田哲郎、矢沢永吉等のサポートの他、Solo 活動はもちろん、古川望(Ac.Guitar)とのデュオ「古川村」、町支寛二(Vocal,Guitar)とのユニット、「カンフル罪」Super Goooooood も時々参加。てな感じでやってます。2007年に古川村のアルバム「Hippopop」をリリースして話題になっています。

65位:藤陵雅裕

65位:藤陵雅裕

生年月日 1959年11月15日
出生地 東京都

土井 一郎&ミリオンパラに参加を皮切りに、今田 勝 NOWIN、FIZZZ、山下 洋輔 パンジャ・スウィング・オーケストラ、矢沢 永吉、ザ・プレイヤーズ、日野 皓正 グループ、サリナ・ジョーンズ、辛島 文雄 クインテット、日野 元彦 アバナイトロプス、布川 俊樹 VALIS、鈴木 良雄 EAST BOUNCE、その他、数々のバンドで活躍しています。

64位:安藤康平

64位:安藤康平

生年月日:1989年

Soul,R&Bの聖地"Village Underground"のセッションにて好評を博し、ホストバンドに参加。帰国後多くの大会で賞を受賞。現在では"millennium parade"、"Answer to Remember"など同世代のミュージシャンとの活動を中心にメジャーアーティストのサポート、レコーディング幅広く活動。また自身のソロプロジェクト"MELRAW"を始動。現代音楽シーンの新たな動きとして注目を集めています。

63位:青木秀明

63位:青木秀明

生年月日:1975年
出身地:香川県

大学時代にジャズに心酔し在学中から四国・関西・名古屋にて活動、2000年に上京し、首都圏を中心に国内外のミュージシャンとライブ活動を行うと共に、スタジオワークでも活躍。実力派ジャズバンドEspacoのメンバーでもある。雄大なプレイと類い稀なるメロディーセンスはジャズ以外の音楽シーンでも高い評価を受け、秋元順子、シーナ&ロケッツ等、幅広いジャンルにてファーストコールのミュージシャンです。

62位:安泰旭

62位:安泰旭

交換留学生としてウィーン私立音楽芸術大学に派遣される。ウィーン国立音楽大学室内楽科研究科課程を最優秀の成績で修了。インペトゥス・サクソフォン・カルテット、インペトゥス・サクソフォン・アンサンブル、各メンバーとして活躍しています。

61位:浅利真

61位:浅利真

生年月日: 1977年5月4日
出生地: 岩手県

「東京・春・音楽祭ー東京オペラの森」「軽井沢八月祭」等の音楽祭に多数出演。またアメリカ、フランス、タイ、シンガポールにソリストとして招かれる等、海外での活動も多い。2015年9月にソロ1st アルバム「ヴォンゴレ! 」をリリースしたほか、ブレーンミュージック及びバンドパワーレーベルから計6 枚のCDを全国発売しています。

日本人サックス奏者有名ランキングTOP60-51

60位:有村純親

60位:有村純親

出身地;鹿児島県

サクシアーナ国際サクソフォーンコンクール第1位、あわせてF. デュックルック賞およびフランスサクソフォーン協会賞受賞。他、数々のコンクールで入賞。国内外でコンサートを行ない好評を博します。

59位:青柳誠

59位:青柳誠

生年月日: 1961年3月17日
出生地: 京都府

青柳 誠は京都府京都市出身のジャズピアニスト、サックス奏者で、全国のライブ、コンサート、フェスティバルなどでプレーヤーとして活躍、近年は岩崎宏美のアルバム参加、ツアー同帯している(THE YELLOW MONKEY、谷村新司、谷村有美、平松愛理、南佳孝、吉田拓郎、LUNA SEA、ディックリーなど)との共演の他、テレビ番組アレンジなどにも才能を発揮しています。

58位:安武玄晃

58位:安武玄晃

生年月日: 1981年3月2日
出生地: 福岡県 小郡市

福岡のライヴハウスやストリートを中心に演奏活動を開始。2007年には渡米し、自身が尊敬するサックス奏者、ロン・ブラウンに師事してレッスンを受ける。この頃に、西洋のクラシック・サウンドとジャズ・サウンドを融合させた“メロウ・サックス”のスタイルを確立しました。

57位:武田和大

57位:武田和大

いろいろなサックスやフルートといったマルチプレイヤーですが、バリトンサックスプレイヤーやアレンジャーとしても活躍して注目を集めています。

56位:中村誠一

56位:中村誠一

生年月日: 1947年3月17日
出生地: 東京都

69年に山下洋輔(p)グループで活動を開始、72年まで在籍。退団後、山本剛(p)、福村博(tb)、小原哲治郎(ds)らと“ゲス・マイ・ファインズ”を結成。73年初リーダー作『ファースト・コンタクト』をリリース。その後渡米しジョージ・コールマンに師事。中村照夫(b)とライジングサンに参加。帰国後は自己のグループを中心に、ジョージ川口(ds)ビッグ4などに参加します。

関連するキーワード

関連するまとめ

小室哲哉の現在!引退理由や活動再開・最近の仕事を総め

音楽プロデューサーで小室ファミリーとして一世を風靡した小室哲哉さんですが、2018年に引退を発表し話題となり…

sumichel / 260 view

小室哲哉の恋愛遍歴と結婚歴!元嫁との離婚原因も総まとめ

音楽プロデューサーで小室ファミリーとして一世を風靡し、小室ブームを巻き起こした小室哲哉さんですが、恋愛遍歴も…

sumichel / 374 view

上野耕平は鉄道ファン!身長・愛車・年収の噂/出身高校と大学など学歴も調査【天才サクソ…

天才サクソフォーン奏者として注目を集め、鉄道好きであることでも有名な上野耕平さん。今回は、上野耕平さんの身長…

kent.n / 768 view

海外の有名トランペッター人気ランキング50選【最新決定版】

ジャズの中でなくてはならないトランペットとサックスですが、そんな中でもトランペットを操る人のことをトランぺッ…

maru._.wanwan / 955 view

【オペラ】日本人の男性ソプラノ歌手17選!人気ランキング【最新決定版】

天才的な歌唱力で、私たちに感動を与えてくれるオペラ界のソプラノ歌手(ソプラニスタ)たち。今回の記事では、オペ…

kent.n / 1546 view

木嶋真優の父親と母親など家族&実家が金持ち説まとめ

世界的なバイオリニストとして知られている木嶋真優は「実家がお金持ち」だと噂になっていて、その家族についても注…

aquanaut369 / 874 view

松浦勝人と元嫁・畑田亜希の結婚と子供や離婚原因!再婚の噂もまとめ

「マックス松浦」の愛称で知られるエイベックス会長の松浦勝人と、雑誌「Popteen」のモデルとして活躍してい…

Luccy / 1103 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

日本人女性ヴァイオリニストの美人40選!人気ランキング【最新決定版】

日本にも天才ヴァイオリニストが多く、女性ヴァイオリニストたちの美しさが話題になることも珍しくはありません。今…

kent.n / 5742 view

田代万里生の嫁や結婚の馴れ初め・子供を総まとめ

ミュージカル界のプリンスと呼ばれる俳優であり、テノール声楽家として活躍する田代万里生の結婚をまとめました。田…

Luccy / 770 view

浅倉大介が結婚できない理由は?歴代彼女も総まとめ

音楽ユニット「access」のキーボーディストとしても知られている浅倉大介は結婚できない理由が話題になってい…

aquanaut369 / 856 view

前川希帆の現在!事故の犯人・母親・大学進学・結婚情報など総まとめ【トランペット奏者】

トランペット奏者として有名な前川希帆は過去に事故に遭ったことでプロトランペット奏者への道は途絶えました。今回…

aquanaut369 / 546 view

久石譲は天才!生い立ち・高校と大学や学歴・経歴・年収を総まとめ

作曲家として映画音楽を中心に手掛け、宮崎駿監督のジブリ作品にも欠かせない存在の久石譲さんは天才と言われていま…

sumichel / 1884 view

秋元康の年収!莫大な資産や大豪邸の自宅を総まとめ

AKB48や坂道シリーズのプロデューサーとして知られている秋元康。彼はこれまでの活躍から莫大な年収を得ている…

aquanaut369 / 1441 view

アオイヤマダの出身高校と大学は?学歴と学生時代まとめ

表現者として人気を集めているアオイヤマダは独創的なダンスが特徴となっていますが、そのルーツは一体何なのでしょ…

aquanaut369 / 272 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング