鈴木康博(オフコース)のプロフィール

名前:鈴木 康博(すずき やすひろ)
生年月日:1948年2月18日
出身地:静岡県伊豆市
血液型:B型
身長:183cm

鈴木康博は、バンド「オフコース」の元メンバーであり、現在はソロでシンガーソングライターとして活動しています。

小田和正と同じ中学・高校に通い、高校3年生の時に小田和正、地主道夫、須藤尊史と共に4人で学園祭のステージでバンドを組んだことがオフコースの原点となりました。

オフコースは1970年にシングル「群衆の中で」でデビューし、デビュー10年目に「さよなら」で大ヒットを記録して人気を確立すると、それ以降も「愛を止めないで」「さよなら」「言葉にできない」など数々のヒット曲を生み出して日本を代表する人気バンドに成長しました。

しかし、鈴木康博は1982年にオフコースを脱退。
オフコースは一時活動休止を経て、活動再開後もヒット曲を連発する人気を維持しましたが、デビューから19年目の1989年に解散しました。

ここではそんな鈴木康博のオフコース脱退理由と脱退の真相、小田和正との関係をまとめました。
家族構成、結婚した嫁と子供の情報、現在の活動状況もあわせてお届けします。

鈴木康博のオフコース脱退理由

オフコースは1982年に開催されたコンサートツアー「over」にて、日本音楽史上初の日本武道館10daysを成功させた伝説のバンドですが、この公演を最後に鈴木康博はオフコースを脱退しました。

鈴木康博は脱退後、ソロ活動を開始して多くのアルバムを制作し、全国ツアーを開催するなど精力的に音楽活動を続けています。

音楽を辞めるわけではなかった鈴木康博がなぜオフコースを脱退したのか。
その理由と真相は、1989年にオフコースが解散したことを受けて発表された鈴木康博のエッセイ「時代を超えて、今」で語られています。

オフコース脱退理由は音楽性の相違

1980年にリリースされた「さよなら」で大ブレイクしたオフコースは、それを境に人気を急拡大し、日本音楽業界の中でも大きな存在になりました。

その過程で、オフコースのイメージを確立するためにバンドは小田和正を中心に据えて活動していく方針になります。

鈴木康博はビートルズやローリングストーンズのように、枠に囚われず様々なことに挑戦したいという気持ちで活動していましたが、その方針の決定により枠にはめられたような気分になり、オフコースといえば小田和正というイメージ戦略に合わせるのが困難になったと明かしています。

また、小田和正の楽曲以上に大衆に受け入れられる曲を作れないジレンマもあり、精神的にも大変な思いを抱えていたことから、ブレイクと時を同じくして「もう辞めたい」という気持ちを口にしていました。

その後、「オフコースに自分の居場所はない」「自分の音楽がやりたい」という思いが強くなり、1982年に脱退という結末を迎えました。

脱退理由として“方向性の違い”と一括りにされることも多い鈴木康博の脱退ですが、このような葛藤があって脱退の道を選ぶことになったのです。

鈴木康博が脱退し、オフコースが解散した後は、小田和正はソロのアーティストとして。他のメンバーもソロとして活動しながら、清水仁・大間ジロー・松尾一彦の3人で結成したユニット「Acoustic Beatles Club(通称:ABC)」としても活躍しています。

鈴木康博がアルバムでオフコース曲をカバー

オフコース脱退後、ソロになってからはオフコース時代の楽曲を歌うことはなかった鈴木康博ですが、2004年にソロデビュー30周年を記念してリリースされたセルフカバーアルバム「FORWARD」の中で、オフコース時代の楽曲をカバーしました。

オフコース時代の楽曲を歌うことを決めた理由として、「ひとつのきっかけは、年齢です。50歳を超えたころから、過去を振り返ろうという気持ちになりました」と語っています。

2001年にリリースしたアルバム「Reborn」の制作中に、オフコース時代の楽曲に挑戦したいという気持ちが芽生えたといいます。

コンサートでオフコース時代の曲を披露してみると想像以上の大歓声と拍手喝采を浴び、ファンにとってどれだけオフコースの曲が大きな存在なのかを実感し、ファンのためにオフコースの楽曲を解禁することを選びました。

鈴木康博と小田和正の関係

鈴木康博は小田和正の楽曲を中心に据えたイメージ戦略についていけず脱退を選びましたが、1989年にオフコースが解散したことを受けて発表したエッセイ「時代を超えて、今」の中で、当時のオフコースや小田和正に対する思いも語っています。

小田和正に対するわだかまりは無い

現在、鈴木康博は小田和正に対して「感情的なわだかまりはもう無い」と語っており、オフコースの曲を解禁したセルフカバーアルバム発売時にも自身の脱退の要因となった小田和正の曲である「さよなら」を、「お客さんが喜んでくれるなら歌ったっていい」と言うほどになりました。

「喜んでもらえるなら、なんでもやりますという気持ちになった。年相応の自然な変化だと思う」と語るように、時間の経過が鈴木康博の思いに変化をもたらし、今ではわだかまりも消えているといいます。

「明日の風に吹かれて」に込めた想い

関連するキーワード

関連するまとめ

石崎ひゅーいの人気曲20選!名曲ランキング【最新決定版・動画あり】

歌唱力の高さと楽曲の魅力で多くのファンを獲得してきたシンガーソングライターの石崎ひゅーいさん。今回は、石崎ひ…

kent.n / 1296 view

KNZZと漢 a.k.a. GAMIの喧嘩事件!ラッパー2人の仲や関係・その後も総ま…

ラッパーとして活躍するKNZZさんと漢 a.k.a. GAMIさんですが、流血するほどの喧嘩事件を起こし話題…

sumichel / 1741 view

桑田佳祐の現在!病気(食道がん)のステージと病状まとめ

サザンオールスターズの桑田佳祐が食道がんを患い、2010年に手術を行いました。現在の病気と病状、食道がんのス…

Luccy / 3396 view

松崎しげるの肌が黒い理由!身長・病気の噂・白い歯も総まとめ

黒い肌がトレードマークの松崎しげるですが、なぜあそこまで肌が黒いのか気になる人が多いようようです。今回は松崎…

aquanaut369 / 977 view

YOSHIの現在の仕事は?経歴や学歴(小学校/中学/高校)・英語力を総まとめ

自由すぎるモデル・アーティストとして注目されているYOSHIさんですが、過去の紗栄子さんとの交際が発覚し話題…

sumichel / 1026 view

瑛人の出身高校は?小学校・中学・大学など学歴まとめ

「香水」が大ヒットしたシンガーソングライターの瑛人は、不思議なキャラが魅力の1つですが、学歴も注目されていま…

rirakumama / 835 view

井沢八郎の若い頃!昔の活躍・スキャンダルを総まとめ

工藤夕貴さんの父親としても知られ、2007年に食道がんで亡くなった演歌歌手の井沢八郎さん。 そこで今回は、…

sumichel / 30 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

郷ひろみは身長が低い?サバ読み疑惑を画像で徹底検証

芸能界における“元祖アイドル”というポジションを、還暦をとっくに過ぎた現在もなお、不断の努力と節制によってキ…

passpi / 4789 view

氷室京介の嫁と子供3人!馴れ初めと結婚生活もまとめ

かつて伝説のロックバンド「BOØWY」のボーカリストとして一世を風靡した氷室京介さん。 今回、氷室京介さん…

passpi / 8278 view

WOWAKAと米津玄師の仲と関係!名曲「ひまわり」もまとめ

リスナーたちを魅了する素晴らしい名曲を多数リリースしているWOWAKAさんと米津玄師さん。日本が誇る天才ミュ…

kent.n / 1555 view

長渕剛と国生さゆりが熱愛不倫?破局原因は嫁の志穂美悦子だった?真相まとめ

シンガーソングライターとして長年活躍している長渕剛。過去に国生さゆりとの熱愛不倫が話題になり、その破局原因が…

aquanaut369 / 4621 view

布施明はハーフ?身長や若い頃・実家の親や兄弟を総まとめ

圧倒的な歌唱力と伸びのある声で歌手として大活躍する布施明さんには、ハーフ説が浮上しています。 そこで今回は…

sumichel / 5220 view

宮本万里子(まりしゃ)の現在!福山雅治ストーカー逮捕とその後・プロフィールも総まとめ

福山雅治の自宅に侵入したとして逮捕された宮本万里子は「まりしゃ」という名前で以前からストーカーのような行為に…

aquanaut369 / 2703 view

古坂大魔王の嫁は安枝瞳!結婚と子供・馴れ初めを総まとめ

PPAPで世界中で一大旋風を巻き起こしたピコ太郎の“プロデューサー”でお笑いタレントの古坂大魔王さんは、20…

sumichel / 1225 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング