広告/スポンサーリンク

鈴木康博(オフコース)のプロフィール

名前:鈴木 康博(すずき やすひろ)
生年月日:1948年2月18日
出身地:静岡県伊豆市
血液型:B型
身長:183cm

鈴木康博は、バンド「オフコース」の元メンバーであり、現在はソロでシンガーソングライターとして活動しています。

小田和正と同じ中学・高校に通い、高校3年生の時に小田和正、地主道夫、須藤尊史と共に4人で学園祭のステージでバンドを組んだことがオフコースの原点となりました。

オフコースは1970年にシングル「群衆の中で」でデビューし、デビュー10年目に「さよなら」で大ヒットを記録して人気を確立すると、それ以降も「愛を止めないで」「さよなら」「言葉にできない」など数々のヒット曲を生み出して日本を代表する人気バンドに成長しました。

しかし、鈴木康博は1982年にオフコースを脱退。
オフコースは一時活動休止を経て、活動再開後もヒット曲を連発する人気を維持しましたが、デビューから19年目の1989年に解散しました。

ここではそんな鈴木康博のオフコース脱退理由と脱退の真相、小田和正との関係をまとめました。
家族構成、結婚した嫁と子供の情報、現在の活動状況もあわせてお届けします。

鈴木康博のオフコース脱退理由

オフコースは1982年に開催されたコンサートツアー「over」にて、日本音楽史上初の日本武道館10daysを成功させた伝説のバンドですが、この公演を最後に鈴木康博はオフコースを脱退しました。

鈴木康博は脱退後、ソロ活動を開始して多くのアルバムを制作し、全国ツアーを開催するなど精力的に音楽活動を続けています。

音楽を辞めるわけではなかった鈴木康博がなぜオフコースを脱退したのか。
その理由と真相は、1989年にオフコースが解散したことを受けて発表された鈴木康博のエッセイ「時代を超えて、今」で語られています。

オフコース脱退理由は音楽性の相違

1980年にリリースされた「さよなら」で大ブレイクしたオフコースは、それを境に人気を急拡大し、日本音楽業界の中でも大きな存在になりました。

その過程で、オフコースのイメージを確立するためにバンドは小田和正を中心に据えて活動していく方針になります。

鈴木康博はビートルズやローリングストーンズのように、枠に囚われず様々なことに挑戦したいという気持ちで活動していましたが、その方針の決定により枠にはめられたような気分になり、オフコースといえば小田和正というイメージ戦略に合わせるのが困難になったと明かしています。

また、小田和正の楽曲以上に大衆に受け入れられる曲を作れないジレンマもあり、精神的にも大変な思いを抱えていたことから、ブレイクと時を同じくして「もう辞めたい」という気持ちを口にしていました。

その後、「オフコースに自分の居場所はない」「自分の音楽がやりたい」という思いが強くなり、1982年に脱退という結末を迎えました。

脱退理由として“方向性の違い”と一括りにされることも多い鈴木康博の脱退ですが、このような葛藤があって脱退の道を選ぶことになったのです。

鈴木康博が脱退し、オフコースが解散した後は、小田和正はソロのアーティストとして。他のメンバーもソロとして活動しながら、清水仁・大間ジロー・松尾一彦の3人で結成したユニット「Acoustic Beatles Club(通称:ABC)」としても活躍しています。

広告/スポンサーリンク

鈴木康博がアルバムでオフコース曲をカバー

オフコース脱退後、ソロになってからはオフコース時代の楽曲を歌うことはなかった鈴木康博ですが、2004年にソロデビュー30周年を記念してリリースされたセルフカバーアルバム「FORWARD」の中で、オフコース時代の楽曲をカバーしました。

オフコース時代の楽曲を歌うことを決めた理由として、「ひとつのきっかけは、年齢です。50歳を超えたころから、過去を振り返ろうという気持ちになりました」と語っています。

2001年にリリースしたアルバム「Reborn」の制作中に、オフコース時代の楽曲に挑戦したいという気持ちが芽生えたといいます。

コンサートでオフコース時代の曲を披露してみると想像以上の大歓声と拍手喝采を浴び、ファンにとってどれだけオフコースの曲が大きな存在なのかを実感し、ファンのためにオフコースの楽曲を解禁することを選びました。

鈴木康博と小田和正の関係

鈴木康博は小田和正の楽曲を中心に据えたイメージ戦略についていけず脱退を選びましたが、1989年にオフコースが解散したことを受けて発表したエッセイ「時代を超えて、今」の中で、当時のオフコースや小田和正に対する思いも語っています。

小田和正に対するわだかまりは無い

現在、鈴木康博は小田和正に対して「感情的なわだかまりはもう無い」と語っており、オフコースの曲を解禁したセルフカバーアルバム発売時にも自身の脱退の要因となった小田和正の曲である「さよなら」を、「お客さんが喜んでくれるなら歌ったっていい」と言うほどになりました。

「喜んでもらえるなら、なんでもやりますという気持ちになった。年相応の自然な変化だと思う」と語るように、時間の経過が鈴木康博の思いに変化をもたらし、今ではわだかまりも消えているといいます。

「明日の風に吹かれて」に込めた想い

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

佐野元春の現在!結婚や病気の噂・愛車や犬と自宅・過去の彼女を総まとめ

シンガーソングライターとして活動している佐野元春。プライベートはこれまであまり明かしていませんが、結婚の噂が…

aquanaut369 / 90 view

藤原大祐の父親と母親など家族!実家がお金持ちの噂もまとめ

俳優やシンガーソングライターとして人気の藤原大祐。彼はその経歴から実家がお金持ちだと噂されていて、その家族に…

aquanaut369 / 95 view

槇原敬之の学歴!出身大学・高校・中学・小学校まとめ

槇原敬之さんはシンガーソングライターで、自身のヒット曲はもちろん数多くのアーティストへ楽曲を提供するなどその…

さくら / 15 view

正宗幹也(みっき~)の身長と体重!整形やジャニーズの噂も総まとめ

人気YouTuber「みきおだ」の正宗幹也(みっき~)。彼はかなりのイケメンで知られていて、多くの女性ファン…

aquanaut369 / 69 view

大石昌良が若い頃より若く見えると話題!身長と体重・現在の年齢を総まとめ

アニソンシンガーとして人気を集めるシンガーソングライターの大石昌良さんですが、若い頃と比べると現在の方が若く…

sumichel / 22 view

玉置浩二は天才!生い立ちと実家や家族・高校など学歴・年収も総まとめ

玉置浩二さんといえば、安全地帯のボーカル・シンガーソングライターとして有名で、天才とも話題です。今回は玉置浩…

さくら / 178 view

松平健の再婚相手・松本友里の自殺原因や子供(息子)を総まとめ

「マツケンサンバ」などで知られている俳優の松平健。彼はこれまでに3度の結婚を経験していて、再婚相手の松本友里…

aquanaut369 / 50 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

坂本龍一は若い頃から天才!昔の画像や活躍も総まとめ

『世界のサカモト』と称されミュージシャンとして大活躍している坂本龍一さんは、昔の幼少期から天才で、その才能を…

sumichel / 27 view

福山雅治の若い頃がイケメン!昔の活躍や画像を総まとめ

シンガーソングライター、俳優として活躍する福山雅治さんは、50歳を過ぎた現在もイケメンですが、若い頃がイケメ…

sumichel / 16 view

上原謙の若い頃と身長は?昔の逸話や画像もまとめ

戦前・戦後の日本映画界において“絶世の美男子”と賞され、映画「愛染かつら」などの代表作で知られる俳優の上原謙…

passpi / 58 view

寺尾聰の現在!若い頃の病気や死去のデマも総まとめ

俳優、ミュージシャンとして大活躍している寺尾聰さんですが、若い頃に病気を患い壮絶な闘病生活をし、『死去』とい…

sumichel / 40 view

嘉門タツオの替え歌・人気曲ランキング30選【最新決定版・動画付き】

嘉門タツオといえば替え歌で有名ですが、これまで出してきた中でどの曲が最も人気が高いのか気になりませんか?そこ…

maru._.wanwan / 27 view

タブレット純の性別と若い頃!昔の介護職など経歴を総まとめ

‟ムード歌謡漫談”という新ジャンルで歌手や芸人として活躍するタブレット純さん。そんなタブレット純さんの性別や…

sumichel / 13 view

大瀧詠一の死因は病気?晩年の様子・葬儀や命日まとめ

シンガーソングライターとして長年活躍していた大瀧詠一。彼は2013年に急死となり、その死因や晩年の活動が気に…

aquanaut369 / 10 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);