広告/スポンサーリンク

馬場俊英のプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前: 馬場 俊英(ばば としひで)
生年月日: 1967年3月20日
出身地: 日本の旗 埼玉県寄居町
学歴: 埼玉県立熊谷西高等学校卒業
身長: 182 cm
職業: シンガーソングライター
活動期間:
・1983年 - 1992年(サンズトレインとして)
・1993年 - (ソロ活動)

馬場俊英の若い頃はバリバリのロッカーだった!

馬場俊英さんは、埼玉県立熊谷西高等学校在学中の1983年から1992年にかけて、ロックバンド「サンズトレイン」名義で、インディーズで2枚のアルバムを発表しています。

馬場俊英さんの若い頃の活動として、その「サンズトレイン」時代の活動について調べてみたのですが、インディーズレーベルだったせいかほとんど情報はありませんでした。

ただ、唯一残っていたのが、中古品ですが現在もAmazonで販売されていたこちら。

サンズトレインのインディーズ・アルバム「ラブ・ボーンズ」

サンズトレインのインディーズ・アルバム「ラブ・ボーンズ」

このアルバムを購入した人のレビューを覗いてみると…。

今頑張っている馬場俊英さんが、若いころにこんなガンガンなロックを歌っていたなんて、ご存じのない方も多いと思います。

確かに今の音楽とはとても違ったものと言えるかもしれません。でも間違いなく若くぎらぎらと輝いている馬場さんがここにいました。

若さ溢れ、エネルギーをストレートにぶつけるパワー、それと同時にとても完成度の高い音楽性を感じました。

馬場さんがずっと信じ続けたご自身の音楽の才能、このCDを聞いて、とても納得できました。

どうやら現在の馬場俊英さんの曲調とは、かなり赴きが異なるもののようですね。

もちろん馬場俊英さんの古くからのファンが、昔のサウンドを懐かしんで購入するケースもあるようですが、ほとんどは馬場俊英さんの現在の活躍から、興味が赴くままに、これまでに彼が創り出した楽曲をさかのぼっている感じでした。

そのため、「現在の馬場俊英さんの楽曲とは全く別物」で、期待外れだったとレビューする人や、中には「若気の至り」なんて表現をする人まで…。

ただ、前述のレビューもそうですが、次のように肯定的に捉えているファンも多い印象ですね。

今、馬場さんがやっている音楽と種類はちがうけど、聴けば聴くほど、歌詞は今の馬場さんを垣間見ることができるような、ストレートなものあり、クスッと笑えるものあり、かわいいのもあり、シンプルで、音楽もと〜っても格好いいです。

25才ぐらい(でしょうか?)の若い馬場さんが、がむしゃらで、キラキラしてて、まぶしいです。 バンド時代があって、自分探しをいろいろされて、そして今があるんだろうなと思います。
広告/スポンサーリンク

馬場俊英のソロデビュー後の経歴について

馬場俊英さんの1stアルバム「もうすぐゴング」

馬場俊英さんの1stアルバム「もうすぐゴング」

そんな馬場俊英さんは、1996年、彼が28歳の時に「フォーライフ」よりソロとしてメジャーデビューを果たしました。

合計3枚のアルバムと7枚のシングルをリリースするのですが、約4年間の活動を経て、レコード会社との契約は終了してしまうんですよね。

契約終了当時、馬場俊英さんは32歳でした。

しかし、その後も地道にアーティスト活動を続け、積極的なライブ活動と並行して、自主制作で楽曲をリリースし、自らレコード店へセールスに回っていたと言います。

そんな中、5枚目のアルバム「鴨川」に収録された「「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が、ラジオ放送をきっかけに話題になると、何とあのコブクロがアルバム「MUSIC MAN SHIP」の中でカバーするんですよね。

その縁があって、馬場俊英さんは大阪万博公園で行われたイベント「風に吹かれて」でコブクロと共演したことを機に、その名前と音楽的才能が広く知れ渡ることになりました。

♪ボーイズ・オン・ザ・ラン(LIVE) ☆馬場俊英&コブクロ@2008年一万人のピース - YouTube

出典:YouTube

2006年4月、馬場俊英さんはメジャー再始動後の初のアルバムとなる「人生という名の列車」をリリースすると、このアルバムが遂にロングセールスを記録することになります。

30代40代が泣ける歌「人生という名の列車」~馬場俊英~ - YouTube

出典:YouTube

そして、40歳となった2007年、”再チャレンジの星”と呼ばれて脚光を浴びた馬場俊英さんは、その年の第58回NHK紅白歌合戦に「スタートライン~新しい風」で初出場を果たしました。

スタートライン~新しい風 (アコースティック・バージョン) 馬場俊英 - YouTube

出典:YouTube

だから そうだよ
くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ
チャンスは何度でも君のそばに

この印象的なフレーズが、先が見えず生きることに不安や悩みを抱える多くの人の共感を呼び、まさに世代を超えて多くのリスナーの支持を集め、今や馬場俊英さんの代表曲となりました。

そして世界中がコロナ禍にある現在、そんな苦境に喘ぐ多くの人々の心に寄り添い、勇気を与えてくれる馬場俊英さんの楽曲が、今再び注目を集めているようです。

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

氷室京介の実家放火の犯人は倉田美紀!事件の概要とその後まとめ

伝説のバンドである元BOØWYのボーカリストだった氷室京介さんの実家は2013年3月11日に放火されました。…

さくら / 1003 view

大石昌良が結婚!嫁の情報と子供・身長も総まとめ

シンガーソングライターでアニソンシンガーとしても活躍する大石昌良さんは、2020年7月に結婚しており、嫁は交…

sumichel / 1441 view

スガシカオが結婚した嫁と子供・離婚疑惑が浮上した理由まとめ

これまでプライベートについては多くを語らず、謎な部分が多いと言われる、シンガーソングライターのスガシカオさん…

passpi / 689 view

ジャミールはTakaや佐藤健の取り巻き?ガーシー東谷義和の暴露内容や綾野剛との関係ま…

ワンオクのTakaさんや佐藤健さんの“取り巻き”とも言われていた、親日アメリカ人シンガーソングライターのジャ…

passpi / 559 view

尾崎裕哉の歌唱力は下手?上手い?I LOVE YOU熱唱の評判もまとめ

尾崎豊の長男でありシンガーソングライターとして活動している尾崎裕哉が父の曲「I LOVE YUO」を熱唱し話…

rirakumama / 295 view

西川貴教と菜々緒の熱愛から破局原因!話題の身長差も総まとめ

身長差カップルでも話題となった西川貴教さんと菜々緒さん。そこで今回は、過去に熱愛が報じられた西川貴教さんと菜…

sumichel / 475 view

氷室京介の嫁と子供3人!馴れ初めと結婚生活もまとめ

かつて伝説のロックバンド「BOØWY」のボーカリストとして一世を風靡した氷室京介さん。 今回、氷室京介さん…

passpi / 5637 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

平井堅はハーフ?家族(父親と母親/兄弟)と生い立ちを総まとめ

濃い顔立ちで知られているシンガーソングライターの平井堅。彼はその見た目から「ハーフ?」という噂があり、その生…

aquanaut369 / 1678 view

平井大の学歴!出身大学・高校・中学・小学校まとめ

平井大さんはシンガーソングライターで、小学生の頃から遊びで作曲をされていました。今回はそんな、平井大さんのプ…

さくら / 484 view

ビッケブランカは韓国ハーフ?本名・父親と妹など家族・彼女や結婚情報を総まとめ

楽曲がドラマやアニメに起用され人気を伸ばしているビッケブランカ。彼はネットで「韓国人ハーフ?」と言われていて…

aquanaut369 / 1169 view

川崎鷹也の人気曲!「魔法の絨毯」以外の曲も動画付きで紹介

「魔法の絨毯」のヒットでブレイクしたシンガーソングライターの川崎鷹也。他にも魅力的な楽曲が多く、過去の曲も人…

aquanaut369 / 233 view

寺尾聰と嫁・星野真弓の結婚や子供!現在も総まとめ

「ルビーの指環」などで知られている歌手・俳優の寺尾聰。元モデルで女優の星野真弓と結婚したことで知られています…

aquanaut369 / 1424 view

井上陽水と中島知子の熱愛関係はデマ?2人の仲まとめ

長年シンガーソングライターとして活動している井上陽水。過去にタレントの中島知子との熱愛が報じられ、2人の関係…

aquanaut369 / 317 view

福山雅治の生い立ち!実家と家族(父親/母親/兄弟)を総まとめ

シンガーソングライターや俳優として活躍されている福山雅治ですが、現在の活躍やユニークなキャラクターからは想像…

rirakumama / 1716 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);