村上ポンタ秀一のプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:村上ポンタ秀一(むらかみポンタしゅういち)
本名:村上秀一
生年月日:1951年1月1日
出身地:兵庫県西宮市
血液型:O型
職業:ドラム奏者
没年月日:2021年3月9日

兵庫県西宮市で生まれた村上ポンタ秀一さんは、家庭の事情により生まれてすぐに京都・祇園の芸妓さんに預けられ、その芸妓が『ポンタ姉さん』と呼ばれていたことから、ポンタと呼ばれるようになったそうです。

中学で打楽器奏者の道へ

中学で打楽器奏者の道へ

そんな村上ポンタ秀一さんはブラスバンドの名門である今津中学へ入学すると打楽器奏者への道を歩み始め、高校でもブラスバンドに打ち込んだのです。

1972年、赤い鳥に加入

1972年、赤い鳥に加入

その後、バンドボーイとして働き始めた村上ポンタ秀一さんは、『赤い鳥』の大村憲司さんの音楽性に惹かれ、オーディションを経て1972年の21歳の時にプロデビューしたのです。

因みにこのオーディションには28人が参加しており、村上ポンタ秀一さんの前までの7人がドラムを叩いた際はバンドメンバーは無反応でしたが、村上ポンタ秀一さんがドラムを叩いた瞬間にバンドメンバーの顔色が変わり即決となり、残りの20人の志望者は演奏せずに帰らされたと言います。

赤い鳥のリーダーだった後藤さんは、オーディションで聴いたポンタさんの演奏に驚いた。

 「当時日本で主流だったジャズマンによるドラム演奏とは全く違う、重い8ビートだった。リンゴ・スターとかスティーブ・ガットのようだったというかな。それで、『即、加入してくれ』と」

村上“ポンタ”秀一【翼をください】赤い鳥コンサート - YouTube

出典:YouTube

赤い鳥脱退後も大活躍

赤い鳥脱退後も大活躍

そして翌1973年4月に赤い鳥を脱退すると、赤い鳥のギタリスト大村憲司らとエノランスを結成し、その後もバンブーやカミーノなどに参加しています。

また村上ポンタ秀一さんはエントランス解散後からスタジオミュージシャンとしての活動もスタートすると、幅広いジャンルのレコーディングに参加し、沢田研二さんや松田聖子さん、宇宙戦艦ヤマトのテーマなど、14000を超えるレコーディングに参加しています。

村上”ポンタ”秀一 ponta Drums Solo - YouTube

出典:YouTube

2021年3月9日、死去

2021年3月9日、死去

こうして日本が世界に誇るドラマ奏者として活躍し、多くのファンを魅了した村上ポンタ秀一さんでしたが、2021年3月9日に視床出血により70歳でなくなっています。

神保彰のプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:神保彰(じんぼあきら)
生年月日:1959年2月27日
出身地:東京都
血液型:A型
職業:ドラマー

高校から本格的にドラムをスタート

高校から本格的にドラムをスタート

父親の影響で幼少期から音楽に親しみピアノも習っていたという神保彰さんは、中学生からギターとドラムを始め、高校3年生の時にアメリカのドラマーであるスティーブ・ガッドのドラムテクニックに感銘を受けたことがきっかけで、ドラム1本に絞り本格的に活動をスタートさせてたのです。

大学在学中に『カシオペア』へ加入

大学在学中に『カシオペア』へ加入

その後1977年に慶應義塾大学に進学した神保彰さんは、学生ビッグバンドサークルとして知られる「慶應義塾大学ライトミュージックソサエティ」に所属したのです。

そしてそこで在学中の櫻井哲夫(ベース)と共演したことがきっかけで猛プッシュされ、1980年にフュージョンバンド『カシオペア』に加入したのです。

しかし活動していく中でメンバー間に軋轢が生じたことなど色々な要因が重なり、神保彰さんは1989年にカシオペアを脱退すると、ソロ活動や同じくカシオペアから脱退した櫻井哲夫さんとユニット『ジンサク』を結成しています。

また他にもドラムセミナーを積極的に開催した神保彰さんは、ビデオソフトを販売するなど幅広く活躍したのです。

ワンマンオーケストラで注目を集める

ワンマンオーケストラで注目を集める

そして1990年代後半になるとドラムトリガーシステムを駆使した『ワンマンオーケストラ』で注目を集め、報道テレビ番組『ニュースステーション』など多くのメディアへ登場し、ドラマーとしての地位を確立したのです。

神保彰 ワンマンオーケストラ Thriller - YouTube

出典:YouTube

村上ポンタ秀一と神保彰のドラムを比較

村上ポンタ秀一は“歌心のあるドラミング”

村上ポンタ秀一は歌詞を読みこむ

村上ポンタ秀一は歌詞を読みこむ

破天荒型の天才と言われ、日本の三大ドラマーの1人と称された村上ポンタ秀一さん。

そんな村上ポンタ秀一さんのドラムは他のドラマーとは違い、単に正確無比なリズムを刻むのではなく、歌詞と歌の世界を理解した上でたたく『歌心のあるドラム』だと言われています。

歌心のあるドラムの秘密は歌詞を読み込むことだったらしい。単にリズムを刻むのではなく、歌詞と歌の世界を理解した上でたたく。

関連するキーワード

関連するまとめ

MIKIKO先生(振付師)の結婚事情!夫は真鍋大度?子供や離婚歴もまとめ

Perfumeや恋ダンスの振付師として知られ、東京オリンピック開閉会式の演出担当だった演出家・振付師のMIK…

Luccy / 1214 view

岡部磨知の実家は金持ち?家族(父親と母親や兄弟)を総まとめ

美しすぎるバイオリニストとして人気の岡部磨知。実家が金持ちだと噂になっていて、その家族構成にも注目が集まって…

aquanaut369 / 501 view

田代万里生の身長や家族!父親と母親や兄弟・実家も総まとめ

ヴォーカルグループ「ESCOLTA」のメンバーである田代万里生さんですが、父親は著名なテノール歌手の田代誠さ…

passpi / 616 view

TAPPEIと彼女サーヤ(ラランド)の熱愛!結婚の噂と馴れ初めもまとめ

タトゥーアーティストとして知られるTAPPEIと、お笑いコンビ「ラランド」のサーヤの熱愛が発覚しました。TA…

Luccy / 1542 view

前山田健一(ヒャダイン)の名前の由来はドラクエ!ヒャダル子は女性バージョン

ヒャダインの愛称で知られている音楽プロデューサーの前山田健一ですが、名前の由来はドラクエとなってます。今回は…

aquanaut369 / 524 view

小林亜星の昔や若い頃!高校や大学(医学部)など学歴も総まとめ

『北の宿から』などで知られる作曲家の小林亜星さんですが、2021年5月30日に亡くなっています。 そこで今…

sumichel / 636 view

小室哲哉の若い頃!昔の活躍や全盛期の年収・自宅を総まとめ

小室ファミリーで一大ブームを巻き起こした小室哲哉さんの若い頃や全盛期が凄いと話題です。そこで今回は、小室哲哉…

sumichel / 1365 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

天才・中島らも伝説!アルコール依存症・死因もまとめ

天才と呼ばれた作家・ミュージシャン「中島らも」の伝説、アルコール依存症や死因をまとめました。天才と言われる理…

Luccy / 1706 view

久石譲の結婚や嫁と子供(息子/娘)!城田優との関係も総まとめ

ジブリ作品の映画音楽などで知られる作曲家の久石譲さんですが、嫁や子供にも注目が集まっています。そこで今回は、…

sumichel / 2033 view

高嶋ちさ子の若い頃!生い立ちや昔を総まとめ

ヴァイオリニストでありながら、毒舌キャラでバラエティー番組に引っ張りだこの高嶋ちさ子さん。今回は、高嶋ちさ子…

sumichel / 1631 view

渋谷慶一郎の元恋人は中山美穂!熱愛・破局を迎えた原因・再婚に関する情報まとめ

電子音楽アーティストであり作曲家の渋谷慶一郎さんと、歌手・女優の中山美穂さんは、以前恋人同士だったそうです。…

kent.n / 2702 view

佐田詠夢(さだまさし娘)の母親や兄とは?家族と親戚まとめ

さだまさしの娘であり、ピアニストとして活動している佐田詠夢は音楽一家に生まれ育ったことで知られていて、父親や…

aquanaut369 / 1519 view

宮本笑里の父と母や姉など家族&実家まとめ

バイオリニストとして高い人気を誇っている宮本笑里。彼女は父親も有名な音楽家であることから実家の家族にも注目が…

aquanaut369 / 915 view

山口めろんの出身大学と高校は?ピアノの実力・TEPPENでの活躍まとめ

テレビ番組「TEPPEN」での活躍も話題になった山口めろんさん。メロン界のアイドルである山口めろんさんのピア…

kent.n / 478 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング