広告/スポンサーリンク

エレクトロ・ポップとは

概要

概要

エレクトロ・ポップは、1980年代初頭に最初に流行したエレクトロニック・ミュージックの一形式で、電子音に重点を置いたシンセポップの派生ジャンルとされています。初期エレクトロ・ポップの例としては、ジョルジオ・モローダーとドナ・サマーの『アイ・フィール・ラブ』などがあげられ、英国人も積極的にかかわり、デヴィッド・ボウイの〈ベルリン時代〉のアルバム、『ヒーローズ』と『ロウ』の影響を受けています。2000年代に人気が復活し、現在も多数のアーティストに影響を与えています。

海外のエレクトロ・ポップ洋楽人気おすすめランキングTOP45-41

Martin Garrix feat. Bono & The Edge - We Are The People [UEFA EURO 2020 Song] (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

45位:We Are The People

「We Are The People」は、Martin Garrixの楽曲で、2020年に開催予定でしたヨーロッパナンバーワンの国を決めるUEFA EURO 2020のテーマソングとなっていましたが、新型コロナウイルスの影響で開催が2021年になったため、1年後になってリリースされました。

The Nights - Avicii [English & 日本語] lyrics - YouTube

出典:YouTube

44位:The Nights/アヴィーチー

スウェーデンの天才DJとして世界中にピュアな音楽を届け、2018年に28歳という若さでこの世を去ったavicii(アヴィーチー)。亡くなる4年前にリリースされた「The Nights」は父とのかけがえのない思い出を描いた曲でした。

Ariana Grande - Break Free ft. Zedd - YouTube

出典:YouTube

43位:ブレイク・フリー feat.ゼッド/アリアナ・グランデ

「「あなたを引き止めていたり、あなたを成長させてくれない“何か”もしくは“誰か”から解放させる」という意味がこめられた曲で、ネガティブな面から、ありのままの自分へとステップアップするという内容になっています。

Years & Years - Real (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

42位:Real Years & Years

「Real」は、イギリス、オーストラリア、トルコ出身のエレクトロニカバンド「Years & Years」の楽曲で、2015年にリリースされたデビュー・アルバム「Communion」に収録されている人気ナンバーです。Olly Alexanderによって、”元ボーイフレンドとの本当に悪い関係からインスパイアされた曲”とされています。

Christina Aguilera - Not Myself Tonight (Lyrics + Sub Español) Video Official - YouTube

出典:YouTube

41位:Not Myself Tonight/Christina Aguilera

「NotMyselfTonight」は、アメリカの歌手クリスティーナ・アギレラが6枚 目のスタジオアルバムBionic(2010)のために録音した曲で、2010年4月2日にアルバムのリードシングルとしてRCAレコードからリリースされました。激しくエネルギッシュなアンセム・トラックになっています。

海外のエレクトロ・ポップ洋楽人気おすすめランキングTOP40-36

Peter Bjorn And John - Young Folks - YouTube

出典:YouTube

40位:Young Folks/Peter Bjorn & John

スウェーデンのインディ・ポップ・ロック・バンドのPeter Bjorn And Johnによって、2006年にシングル・リリースされた名曲で、一度聴くと耳から離れない中毒性の高い曲として人気を博しました。ドラマ「ゴシップガール」のパイロット・エピソードのオープニングに起用されました。

Jessie J, Ariana Grande, Nicki Minaj - Bang Bang (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

39位:Bang Bang/Jessie J ft. Ariana Grande, Nicki Minaj

「バン・バン」(Bang Bang)は、イングランドの歌手ジェシー・J、アメリカ合衆国の歌手アリアナ・グランデ、およびラッパーのニッキー・ミナージュによる楽曲で、2014年7月29日にリリースされました。2015年の第57回グラミー賞では最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞にノミネートされ、また、同年のキッズ・チョイス・アワード(KCA)ではフェイバリット・ソング賞を受賞しています。

広告/スポンサーリンク

Selena Gomez & The Scene - A Year Without Rain - YouTube

出典:YouTube

38位:A Year Without Rain/Selena Gomez & The Scene

『ア・イヤー・ウィズアウト・レイン』 (A Year Without Rain)はアメリカ合衆国の女優、歌手セレーナ・ゴメスとそのバンド、セレーナ・ゴメス&ザ・シーンが2010年に発表した第2作目のスタジオ・アルバムのタイトルチューンです。気持ち良いダンスビートを特徴とした、ダンスポップ・ソングになっています。

Japan Ghosts - YouTube

出典:YouTube

37位:Ghosts/Japan

「Ghosts」はイギリスのバンドJapanの曲で、1982年3月に1981年のアルバムTinDrumから3枚目のシングルとして編集された形でリリースされました。全英シングルチャートで5位を記録するヒット作となりました。

The Chainsmokers - Roses (Audio) ft. ROZES - YouTube

出典:YouTube

36位:Roses/The Chainsmokers

「Roses」は、アメリカのDJデュオTheChainsmokersの曲です。この曲はアメリカの歌手ロゼスのボーカルをフィーチャーしたもので、恋人への愛情について歌われた名曲です。

海外のエレクトロ・ポップ洋楽人気おすすめランキングTOP35-31

Röyksopp ’The Girl And The Robot’ - YouTube

出典:YouTube

35位:The Girl And The Robot/Röyksopp

「TheGirland the Robot」は、ノルウェーのエレクトロニックデュオRöyksoppによる3枚目のスタジオアルバムJunior(2009)の曲で、スウェーデンのシンガー、Robynをフィーチャーしているとされています。

Ke$ha - TiK ToK - YouTube

出典:YouTube

34位:TiK ToK/Ke$ha

TiK ToKは、アメリカ合衆国の歌手ケシャが2009年8月7日にリリースしたシングル曲で、アルバム『アニマル』からの先行シングルです。リリースの翌年である2010年において特にヒットした楽曲で、IFPIの調べによれば2010年に全世界で最もダウンロードされた楽曲であると報じられています。

Goldfrapp - Strict Machine - YouTube

出典:YouTube

33位:Strict Machine/Goldfrapp

「Strict Machine」は、Goldfrappのセカンドシングルとして2003年にリリースされた楽曲で、科学者による脳への電極実験によって、マウスが感じる喜びについて書かれた新聞記事からインスパイアされたそうです。

Lady Gaga - Poker Face (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

32位:Poker Face/Lady Gaga

「Poker Face」は、アメリカ合衆国のポップ歌手、レディー・ガガのデビュー・アルバム『ザ・フェイム』からの楽曲で、セカンドシングルとしてリリースされました。アップテンポのダンスソングで、歌の主要なテーマはバイセクシャルであるガガの考えとロックンロール・ボーイフレンドに対する賛辞になっており、世界的な成功を収めました。

Arcade Fire presents Sprawl II (Mountains Beyond Mountains) - YouTube

出典:YouTube

31位:Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)/Arcade Fire

「SprawlII(Mountains Beyond Mountains)」は、カナダのインディーロックバンドArcadeFireの曲で、2012年4月21日に3枚目のスタジオアルバムTheSuburbsから6番目で最後のシングルとしてリリースされました。アメリカのダンス・チャートで4位にランクインしています。

海外のエレクトロ・ポップ洋楽人気おすすめランキングTOP30-26

Ellie Goulding - Something In The Way You Move (Directed by Emil Nava) - YouTube

出典:YouTube

30位:Something In The Way You Move/Ellie Goulding

「Something In The Way You Move」は、イギリスの歌手エリー・ゴールディングの3枚目のスタジオアルバム、デリリウム(2015)の曲で、2016年1月19日に、北米でのアルバムの2番目のシングルとして、そして全体で3番目として、米国のコンテンポラリーヒットラジオに配信、全英シングルチャートで51位、米国ビルボードホット100で43位を記録しています。

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するまとめ

世界のアルバム歴代売上ランキングTOP55【最新決定版】

世界には有名なビッグアーティストが数多く活躍していますが、これまでに多くの名作アルバムがリリースされてきまし…

maru._.wanwan / 188 view

嫌いな女性歌手&アーティストランキングTOP30【最新決定版】

女性歌手やアーティストの評価は、通常、歌が上手かったり、楽曲が素晴らしいといった点に焦点があてられますが、中…

maru._.wanwan / 458 view

【邦楽】日本のフュージョンバンド25選!人気おすすめランキング【最新決定版】

この記事では、日本のフュージョンバンドとユニットの人気・おすすめランキングを大公開。フュージョンを愛する多く…

kent.n / 252 view

【日本】パワー・ポップ邦楽バンド8選!人気おすすめランキング【最新決定版・動画あり】

今回は、日本中の音楽ファンたちを盛り上げてきたパワー・ポップバンドの人気・おすすめランキングをご紹介します。…

kent.n / 102 view

カントリー・ミュージック有名アーティスト30選!人気ランキング【海外・日本別】【最新…

今回は、カントリー・ミュージックのアーティスト&ユニット・バンドの人気・有名ランキングを海外・日本別でまとめ…

kent.n / 567 view

男性アイドル人気曲ランキング100選!昭和・平成別で名曲を紹介【最新決定版・動画付き…

今回は男性アイドルの人気曲ランキング100選<昭和TOP50・平成以降TOP50>を紹介します。昭和の歌謡界…

maru._.wanwan / 116 view

3ピース(3人組)バンドの人気ランキング20選・邦楽と洋楽別【最新決定版】

3人のメンバー構成のバンドである3ピースバンドは、邦楽ではいきものがかりやTHE ALFEE、洋楽ではNir…

maru._.wanwan / 211 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

5人組歌手/アーティスト人気ランキング40選【最新決定版】

日本の音楽シーンではバンドやアイドルなど幅広いジャンルにまたがり、数多くの5人組の歌手やアーティストが活躍し…

maru._.wanwan / 1380 view

タトゥーがある歌手/ミュージシャン20選!男性女性別ランキング【最新決定版】

芸能人の中でも、歌手やミュージシャンは家族への愛や、恋人との揺るぎない関係などをタトゥーという形で自らの体に…

maru._.wanwan / 760 view

歌が上手い女性声優55選!歌唱力ランキング【最新決定版】

水樹奈々や、田村ゆかり、内田真礼など、近年の声優はアイドル歌手のようなルックスと素晴らしい歌唱力を持つことが…

maru._.wanwan / 328 view

3人組歌手/アーティスト人気ランキング55選【最新決定版】

歌手やアーティストにはロックやポップスといったさまざまなジャンルがありますが、人数も1人から8人などさまざま…

maru._.wanwan / 666 view

ドライブにおすすめの曲70選!邦楽・洋画別ランキング【最新決定版】

今回は、ドライブにおすすめの曲ランキング70選を邦楽・洋画別に紹介します。仕事や家事のストレス解消にドライブ…

maru._.wanwan / 48 view

有名なテクノポップ洋楽アーティスト50選!おすすめランキング【最新決定版】

海外のテクノップアーティストたちは、日本の多くの音楽ファンたちからも注目されています。この記事では、日本の洋…

kent.n / 124 view

世界のギタリスト人気ランキングTOP50【最新決定版】

アマチュアからプロまで多くのギタリストが存在しますが、少なからず世界的に人気のギタリストから影響を受けていま…

maru._.wanwan / 267 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);