広告/スポンサーリンク

八代亜紀のプロフィール

名前:八代 亜紀(やしろ あき)
生年月日:1950年8月29日
没年月日:2023年12月30日(73歳没)
出身地:熊本県八代市

八代亜紀は、楽曲「舟唄」や「雨の慕情」のヒットで知られる演歌歌手です。

15歳の時に上京して音楽学院で基礎を学び、銀座のクラブ歌手として音楽活動を開始しました。

1971年にシングル「愛は死んでも」で歌手デビューを果たし、1973年発売の「なみだ恋」が売上120万枚を突破するヒットを記録。

続けて「しのび恋」「愛ひとすじ」「おんなの夢」「ともしび」「花水仙」「もう一度逢いたい」「おんな港町」「愛の終着駅」など多くの作品をヒットに導き、一躍人気演歌歌手となりました。

1979年発売の「舟唄」や、1980年発売の「雨の慕情」は八代亜紀の代表曲となり、これまでに日本レコード大賞受賞やNHK紅白歌合戦大トリを果たし、演歌の女王として第一線で活躍しました。

八代亜紀の現在:死去・死因

2023年12月30日、歌手の八代亜紀が死去しました。
八代亜紀の死去は2024年1月9日に公表され、告別式は事務所スタッフのみで行ったことが発表されました。

八代亜紀は2023年9月12日に膠原病の一種で難病指定されている「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」を患っていることを公表し、音楽活動を休止。

活動休止後は療養に専念してきましたが、東京都内の病院で容態が悪化し、73歳で死去したとのことです。

八代亜紀の訃報が発表される

2023年12月30日に死去した八代亜紀ですが、訃報が伝えられたのは翌2024年1月9日でした。

訃報には「療養を続けておりました弊社所属の八代亜紀が12月30日に永眠いたしましたことを謹んでご報告申し上げます」と記され、葬儀については「八代自身の強い遺志により弊社スタッフのみで2024年1月8日に執り行い、とても穏やかな顔で旅立ちました」と報告されています。

お別れの会は後日改めて執り行われる予定で、詳細の案内も後日発表されるとのことでした。

八代亜紀の死因は「急速進行性間質性肺炎」

八代亜紀の死因は、2023年9月に病気を公表していた「膠原病」の一種である「抗 MDA5 抗体陽性皮膚筋炎」に伴う「急速進行性間質性肺炎」の悪化です。

八代亜紀の死因がどのような病気なのか、膠原病の詳しい情報を見ていきましょう。

八代亜紀の現在:膠原病とは

広告/スポンサーリンク

2023年9月12日、八代亜紀が膠原病を患っていることを公表し、療養のため芸能活動を休止することを発表しました。

八代亜紀の死因「膠原病」とは

「膠原病(こうげんびょう)」とは、全身の血管・皮膚・筋肉・関節などに炎症が起こる病気の総称です。
発熱、湿疹、関節の痛みなど風邪に似た症状が起き、女性に多く見られる病気として知られています。

リウマチなども膠原病の一種で、八代亜紀はその膠原病の一種である「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」を患いました。

「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」は「急速進行性間質性肺炎」を併発することが多い病気として知られています。

「急速進行性間質性肺炎」はその名の通り急速に進行する肺炎で、6ヶ月以内の致死率が最も高いと言われています。

八代亜紀も「急速進行性間質性肺炎」を患い、病気の公表から3ヶ月後に死去しました。

八代亜紀の現在:脳梗塞はデマ

八代亜紀の死因は膠原病の一種である「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」に伴う「急速進行性間質性肺炎」です。

しかし一部で八代亜紀が脳梗塞だったという噂が流れています。

なぜ八代亜紀が脳梗塞と噂されていたのかというと、2014年に出演した医療系番組「駆け込みドクター!運命を変える健康診断 超・人間ドック徹底検査2時間SP!」に出演した際に、脳のMRI検査を受けて脳卒中になる危険があると診断されたことが理由です。

また、八代亜紀が話す際に呂律が回らないような話し方をしていたという声もあり、これらが原因で脳梗塞という噂が流れました。

しかし実際に八代亜紀が脳梗塞を発症したという報道はなく、この噂はデマであることがわかっています。

八代亜紀はメニエール病だった

八代亜紀は過去に「メニエール病」を患っていたことを公表しています。

メニエール病は立っていられないほどの激しいめまいや吐き気の発作が繰り返し起こる病気で、耳鳴りや難聴を伴うこともあるなど、歌手生命の危機に陥る病気です。

八代亜紀は1991年頃にメニエール病を発症し、投薬治療で症状は治りましたが、その10年後に再び発作に襲われました。

それ以降はスケジュールがタイトな時や強いストレスがかかった時に発作が起こるようで、常にめまいの薬を持ち歩く生活をしていました。

八代亜紀の現在:所属事務所のコメント

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

氷川きよしの学歴!出身高校・中学・小学校まとめ

演歌界の貴公子を呼ばれていた氷川きよしさんですが、その学生時代も注目されています。今回はそんな、氷川きよしさ…

さくら / 2350 view

望月琉叶の身長と体重・胸カップサイズは?水着グラビアも総まとめ

演歌歌手として活動している望月琉叶。グラビアアイドルとしても活動していて、その水着姿は多くの男性ファンを魅了…

aquanaut369 / 2111 view

西田あいの身長や胸カップ数・水着グラビア画像を総まとめ

歌謡曲歌手として活動している西田あいはデビュー当初グラビアアイドルとして活動していたようで、当時は豊満なバス…

aquanaut369 / 4545 view

天童よしみと上沼恵美子の関係!ライバルエピソード・現在の仲まとめ

日本を代表する演歌歌手・天童よしみと、西の女帝と呼ばれるお笑いタレント・上沼恵美子の関係をまとめました。 幼…

Luccy / 698 view

三代純歌の本名と出身は?実家の家族(父親/母親/兄弟)を総まとめ

仲本工事の妻として知られている三代純歌。彼女は複雑な家庭環境で育ったことがわかっていて、実家の家族にも注目が…

aquanaut369 / 4245 view

藤あや子の現在!今の年齢・仕事・グラビア写真まとめ

演歌歌手・藤あや子の現在をまとめました。80年代にデビューして以降、現在まで絶大な人気を集め続ける藤あや子の…

Luccy / 3162 view

西田あいの本名と年齢は?実家や家族(父親/母親/姉/弟)も総まとめ

明るい歌声と可愛いルックスから演歌アイドルとして人気を博す西田あいさんですが、実家や家族にも注目が集まってい…

sumichel / 6517 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

氷川きよしの恋人は松村雄基?フライデー記事のその後や結婚を総まとめ

演歌歌手として長年活躍している氷川きよし。最近ではオネエキャラとしても人気を集めていますが、過去には俳優の松…

aquanaut369 / 6096 view

水森かおりの若い頃と身長!昔の経歴や活躍を総まとめ

‟ご当地ソングの女王”と呼ばれ、演歌歌手として人気を集める水森かおりさんですが、若い頃にも注目が集まっていま…

sumichel / 454 view

氷川きよしはジェンダーレス?性別やオネエではない件など総まとめ

2019年にデビュー20周年を迎えた氷川きよしさんが、それを機にフェミニンな魅力を振りまき始め、「オネエをカ…

passpi / 2932 view

山本譲二の現在!引退説・病気と大腸がん・年収と資産まとめ

日本を代表する演歌歌手の一人である山本譲二の現在をまとめました。最新の仕事情報、噂されている引退説の真相、大…

Luccy / 149 view

石川さゆりの歌25選!ヒット曲・人気ランキング【最新決定版・動画付き】

今回は、日本歌謡界随一の実力を誇る演歌歌手と呼ばれる石川さゆりのヒット曲人気ランキング25選を紹介します。石…

maru._.wanwan / 6629 view

伍代夏子の若い頃!昔や生い立ちまとめ

2今回は「忍ぶ雨」や「ひとり酒」、「鳴門海峡」などのヒット曲で知られる伍代夏子さんの生い立ちや若い頃の昔の経…

passpi / 7806 view

水森かおりの学歴!出身大学・高校・中学・小学校まとめ

水森かおりさんは3歳の頃からのど自慢大会に出演され、今は「ご当地ソングの女王」と呼ばれています。 今回はそ…

さくら / 4104 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);