レゲエとは

レゲエとは、1960年代後半に、ジャマイカに発生したポピュラー音楽の形式である。4分の4拍子の2・4拍目をギターのカッティング奏法で刻む、3拍目にドラムのアクセントを置く、ベースがうねるようなベースラインを奏でるといった音楽的特徴が見られ、2018年、ユネスコ(UNESCO)の無形文化遺産に登録されました。日本でも、織田裕二『Love Somebody』、三木道山『Lifetime Respect』などが、レゲエの要素を取り入れた楽曲として知られています。

邦楽・日本人の男性レゲエアーティスト人気ランキングTOP50-46

50位:TERRY THE AKI-06

50位:TERRY THE AKI-06

自身の名義での活動のみではなく、プロジェクトに参加して作品をリリースしながら、関西を中心に数多くのライブを開催し、各地のストリートで支持を集め、アンダーグラウンドシーンのカリスマと呼ばれるようになります。音楽の他にも、ファッションやグラフィティ、写真、映像、グッズの企画など多彩なカルチャーと融合し、オリジナルのスタイルを生み出します。

49位:BURN DOWN

49位:BURN DOWN

大阪出身のレゲエ・クルーで、ミックス作品の内容は常に高い評価を浴び、ダブプレートのセンスは個性的かつ完成度の高いものとして人気を博します。その対象には地元のアーティストをはじめ、RYO the SKYWALKERなどのメジャーどころから本場ジャマイカのものまで多岐に渡り、多くのDJやダンスホールのファンが注目を寄せています。

48位:ARARE

48位:ARARE

横浜を拠点に活動し、2005年の大阪コロシアムで優勝、2006年は〈ROAD TOレゲエ祭〉での優勝後に〈横浜レゲエ祭〉に出場するなど、レゲエ・アーティストとしての確かなキャリア築きます。得意のラバダブ(即興)を武器に独創的な節回しで強烈なインパクトを残す“ドキュメンタリー吟遊詩人”として人気を博しました。

47位:MOOMIN

47位:MOOMIN

日本では数少ない本格的レゲエ男性シンガーとして1998年のシングル「イン・マイ・ライフ」でデビューすると、抜けるような透明感のある歌声とストレートなレゲエ・ミュージックでクラブを中心に人気を博し、2000年リリースされた「キミを想う夜」は、メロウで切ない美しいバラードとしてヒットを記録します。レゲエという特定ジャンルの枠を超えた幅広い層からの人気を得ると同時に日本でのレゲエ・シンガーとしての地位を不動のものとしました。

46位:EELMAN

46位:EELMAN

静岡県伊豆半島出身、18年もの現場キャリアと、絶大なる人気を誇るREGGAEとHIPHOPを独自のバランス感覚とセンスで融合させるスーパー技巧派アーティストです。「ARIGATOH」、「きみと居たいよ」、「Peace & Love '99」、「深海魚」、「One Love」、「My Mother My Father」など数々の歴史的名楽曲を世に残し、中でも随一の人気楽曲「ARIGATOH」は今なお日本全国の不良少年少女に愛聴され、大きな勇気と感動を与え続けています。

邦楽・日本人の男性レゲエアーティスト人気ランキングTOP45-41

45位:SPINNA B-ILL

45位:SPINNA B-ILL

島根県出身のレゲエ・シンガー・ソングライターで、2002年にバンド、Spinna B-ill & The cavemansで活動を開始、「ライオンの子」などのヒットを放つも、2005年に解散。Kenji Jammer(鈴木賢司)との活動を経て、2006年よりソロへ移行。アルバム3枚を発表し、フェスやクラブなどさまざまなステージにてDJセットからアコースティック、フルバンドと多彩なスタイルでライヴを行なっています。

44位:BOXER KID

44位:BOXER KID

日本のレゲエ激戦区“大阪”から発信し、ジャマイカ流レゲエと共に生きるスタイルを貫くMIGHTY JAM ROCK所属のレゲエアーティストです。ハードコア・メッセンジャーと言えばこの男で、伝わりやすさを第一に考えた本気のリリックをガシガシ放つ言霊ハード・パンチャーです。

43位:BOOGIE MAN

43位:BOOGIE MAN

中学生の頃にボブ・マーリィを聴いて衝撃を受け、91年にはジャマイカに渡るなど、レゲエの世界に足を踏み入れます。非売品として制作した「パチンコマン」が評判となり、リクエストが各方面に殺到。同年8月にシングルとしてリリースし、メジャー・デビューを飾ると、ユーモラスな面もありながら、リアルなメッセージ性を持ったライミングで人気を博します。

42位:覇王

42位:覇王

自身の心の“闇”を表現し自分が自分へ語るように描かれた曲「闇」、警察署の留置所の中や、刑務所の独房(独居房)で懲罰中にシャーペンの芯一 本を隠し持ち、ティッシュにうっすらと書きためた辛い思いを、決してネガティブに表さず羅王独特の表現で歌う「独居房の夜」が話題となりました。

41位:RUDEBWOY FACE

41位:RUDEBWOY FACE

横浜市出身のレゲエシンガー,Deejayで、その天性のリズム感と経験によって培われた マグナム・ボイスを武器に独自のラガ道を突き進む日本“ラガ”なアーティストです。レゲエフィールドはもちろんの事多方面から注目を集め、実力派アーティストの作品に数多く参加、日本のレゲエシーンを語る上で欠くことのできない『天才DEEJAY』として認知されています。

邦楽・日本人の男性レゲエアーティスト人気ランキングTOP40-36

40位:KEN-U

40位:KEN-U

サウンドクルーであるRACY BULLETのシンガーとして、日本のレゲエ・シーンで活躍しています。2000年代初頭から活動を本格化、RACY BULLET主催のイベント開催やコンピレーションへの参加、ミックス・テープのリリースなどを行ない、評価を高めています。

39位:SPICY CHOCOLATE

39位:SPICY CHOCOLATE

KATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER率いるレゲエ・サウンドシステムとして、94年に活動を開始すると、2003年にミニ・アルバム『RUN DE WORLD』を発表、以降、コンピやコラボを精力的に展開し、ダンサー・コンテストなどのイヴェントも主宰します。ジャンルの枠を超えてレゲエの魅力を発信し続け、大きな信頼を得ています。

38位:EXPRESS

38位:EXPRESS

大名曲『もぐら』の神がかったバズにより、ジャパニーズ・レゲエの歴史にその名を刻んだ男『EXPRESS』は、00年代初頭、セレクターとして活動を始めます。その後DeeJayに転向し、五人組アーティスト集団『55LEVEL』を結成。55 LEVELとしては日本を代表するレゲエ・フェス『HIGHEST MOUNTAIN』にも出演するなど人気を博しました。

37位:九州男

37位:九州男

19歳からレゲエに傾倒、20歳でDJとして地元のステージに立ち、その後単身ジャマイカへ渡り研鑚を積みます。帰国後、05年より横浜と東京を拠点に音楽活動を開始し、07年にインディーズで発表したミニ・アルバム『こいが俺ですばい』『こいも俺ですばい』がヒットをよびます。レゲエを軸に、ヒップホップやロックを巧みに取り入れた独自のポップ・センスが持ち味で、“九州の魂を伝えるシンガーソングライター”をキャッチコピーに活躍します。

36位:BOYKEN

36位:BOYKEN

日本のダンスホール・シーンの最初期から活動を行なうレゲエ・シンガーで、ヒップホップのアーティストとも積極的にコラボレーションを行ない、1999年にリリースされたオムニバス『Dancehall Checker』においてZEEBRAやTWIGYなどと共演、大きな話題となりました。2003年、1stアルバム『NO SATISFACTION』をリリース。ジャマイカや英国での作品リリース、海外の有名ミュージシャンとの共演など、日本に留まらない活動を行っています。

邦楽・日本人の男性レゲエアーティスト人気ランキングTOP35-31

35位:RANKIN TAXI

35位:RANKIN TAXI

日本をはじめ、世界各国のレゲエ・シーンからも注目されているレゲエDJのひとりで、本場ジャマイカのマナーをしっかりと踏襲しながら、身の丈にあった事柄を描く日本語詞でジャパニーズ・レゲエのオリジナリティを確立、手作りのスピーカー・システムによるライヴ活動も有名で、レゲエ・コンサートの企画なども行ない、若手の育成にも尽力しているレゲエ界のレジェンドです。

関連するキーワード

関連するまとめ

小室ファミリーのメンバーの現在!不幸ランキング25選【最新決定版】

1990年代にオリコンチャートを独占しまくった小室ファミリーは、小室哲哉がプロデュースしてきたアーティストた…

maru._.wanwan / 692 view

AKBメンバー歌唱力ランキングTOP40!歌が上手いアイドル【最新決定版】

秋元康が総合プロデュースを手掛けるAKB48グループのメンバーには、歌が上手い人もいます。今回はそんな中でも…

maru._.wanwan / 497 view

2ピース(2人組)バンドの人気ランキング20選・邦楽と洋楽別

人数が最少のため、メンバーそれぞれの個性が際立って出る傾向にある2ピースバンド。日本ではB’zやゆずなど数多…

maru._.wanwan / 882 view

女性アイドル人気曲ランキング100選!昭和・平成以降別【最新決定版】

男性の生きがいでもある女性アイドルは、昭和から平成への時代の移り変わりとともに、元気や勇気を与えてくれるよう…

maru._.wanwan / 474 view

洋楽のパンクバンド人気おすすめランキングTOP30【最新決定版】

パンクバンドといえばアメリカやイギリス発祥といわれ、洋楽の元祖ともいうべきミュージックジャンルです。そんな洋…

maru._.wanwan / 1790 view

洋楽ディスコ・ミュージック35選!人気曲・おすすめランキング【最新決定版・動画あり】

音楽を聴いてノリノリの気分になりたいときは、ディスコ・ミュージックがピッタリ!今回は、日本でも多くの人に愛さ…

kent.n / 295 view

邦楽女性歌手の歌唱力ランキング52選!歌が上手いアーティスト【最新決定版】

日本には歌唱力に優れた素晴らしい素質を持った女性歌手・アーティストが多数活躍しています。いったいどの女性邦楽…

maru._.wanwan / 691 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ハスキーボイスの歌手30選・女性男性別!人気ランキング【最新決定版】

素敵なハスキーボイスで多くの人を感動させてきた歌手たちの人気ランキングを大公開します。女性15名・男性15名…

kent.n / 2693 view

ロックバンド(海外/洋楽)の人気ランキングTOP90【最新決定版】

B’zやサザンオールスターズなど日本にも数々のロックバンドが存在しますが、彼らのルーツは海外の人気ロックバン…

maru._.wanwan / 276 view

【邦楽】日本のソウルバンド30選・男性女性別!人気おすすめランキング【・最新決定版】

今回は、邦楽のソウルバンド&ユニットの人気・おすすめランキングを大公開!ソウルミュージックに興味を持ち始めた…

kent.n / 1184 view

【海外】ゴスペル洋楽アーティスト10選!人気ランキング【最新決定版・動画あり】

今回の記事では、洋楽のゴスペルアーティスト&グループの人気ランキングを大公開します。世界各国で愛され、日本に…

kent.n / 539 view

テンション上がる曲70選!邦楽・洋楽別おすすめランキング【最新決定版】

今回は、テンションが上がる曲のおすすめランキング70選を邦楽・洋楽別に紹介します。仕事での大事なプレゼンの前…

maru._.wanwan / 203 view

死去した歌手/ミュージシャン50選・日本と海外別!衝撃順にランキング【最新決定版】

芸能界の中でも、人々の心に残る曲を多く送り出してきた歌手やミュージシャンの中でも、若くして死去してしまった人…

maru._.wanwan / 6835 view

ニュー・ウェイヴ洋楽バンド30選!人気おすすめランキング【最新決定版・動画あり】

今回の記事では、海外で絶大な人気を獲得してきたニュー・ウェイヴバンドをランキング形式ご紹介!洋楽のロックミュ…

kent.n / 631 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング