広告/スポンサーリンク

田中和将のプロフィール

名前:田中 和将(たなか かずまさ)
生年月日:1974年1月15日
出身地:兵庫県神戸市
血液型:O型

田中和将は、3人組ロックバンド「GRAPEVINE」のボーカル・ギター担当です。

兵庫県神戸市出身で大阪府枚方市で育ち、学生時代から音楽活動を開始して、1993年に「GRAPEVINE」を結成しました。

「GRAPEVINE」は田中和将・西川弘剛・亀井亨の3人からなるロックバンドで、関西圏での活動を経て、1997年にミニアルバム「覚醒」でメジャーデビューし全国区になりました。

その後、1999年にリリースした4thシングル「スロウ」がヒットしたことでブレイクを果たし、同年リリースの2ndアルバム「Lifetime」で自身初のオリコン初登場TOP3入りしました。

90年代にブレイクした「GRAPEVINE」のボーカル・ギター担当であり、現在も音楽活動を続ける田中和将について、ここでは天才と呼ばれる理由と学歴をまとめました。

作詞の天才と呼ばれる田中和将の歌詞作り、出身小学校・中学・高校・大学の学校名と学生時代のエピソードをお届けします。

田中和将が天才と呼ばれる理由

バンド「GRAPEVINE」の楽曲は、ほぼ全ての曲の作詞を田中和将が担当しています。

作曲はメンバー全員がそれぞれ担当したもの、バンドセッションから作られたものがあり、作詞作曲をバンド内で行い、そのどれもが何年経っても色褪せない名曲として愛されています。

特に田中和将が紡ぐ文学的な歌詞は天才の所業と呼ばれ、世界観に没入できる言葉の数々は多くの人の心を揺り動かしてきました。

田中和将の歌詞には物語性・文学性があり、読み込むたびに十人十色の解釈を広げられる奥深さを感じさせます。

どうしたらこのような歌詞が書けるのかと脱帽する作品ばかりを作ってきた田中和将ですが、それは彼がただの天才だからではなく、生来の読書家であることも理由の一つです。

坂口安吾、安部公房、阿佐田哲也などを好きな作家に挙げ、作品を歌詞のモチーフにしたものも多く見られます。

ファンはもちろん音楽系メディアからも天才と絶賛される田中和将の歌詞ですが、当の本人は「ストレートに書くと恥ずかしいからちょっと捻っているだけ」と謙遜しており、そんな面もまた田中和将の書く詞が人々の心を掴む所以です。

田中和将の学歴:小学校

田中和将の学歴:神戸市内→大阪府の小学校

田中和将の学歴、小学校は兵庫県神戸市内の小学校に入学し、大阪府内の小学校に転校して卒業したものと思われます。

田中和将は1974年1月15日に兵庫県神戸市に生まれ、小学校は神戸市中央区の中心部にありました。
その後、家庭の事情で大阪府に住むことになったため、大阪府の小学校に転校したものと思われます。

家庭の事情というのは複雑で、田中和将が幼い頃に両親が離婚し、母親は家を空けることが多くなり、田中和将が小学校に上がった頃にとある事情でいなくなったといいます。

母親は田中和将を大阪に住む友人夫婦に預け、それに伴い田中和将は小学校3年生の時に大阪に引っ越したため、その後は大阪府内の小学校に通っていたものと思われます。

また、田中和将には兄がおり、小学校低学年の頃は兄に野球を教えてもらっていました。
母親がいなくなった当初は兄が日雇いバイトで兄弟二人分の生活費を稼いでいたようですが、友人夫婦に預けられたタイミングで兄は上京し、離れ離れに暮らすことになりました。

田中和将の学歴:中学

広告/スポンサーリンク

田中和将の学歴:大阪府内の中学校

田中和将の学歴、中学は大阪府内の公立中学校と思われます。

中学校に上がった田中和将は、再び母親と暮らし始めました。

母親は田中和将を友人夫婦に預けている間に貯金し、中学校に上がったタイミングで迎えに来て再び一緒に暮らせるようになったとのことです。

中学生の時に音楽に目覚める

中学では野球部に入ろうと思っていた田中和将ですが、当時は野球の名門校に一種の宗教くささを感じていたことや、坊主になりたくなかったことを理由に、野球部には入りませんでした。

その一方で、中学1年生の時に兄が大阪に戻り、兄が聴いていた「RCサクセション」の音楽に衝撃を受けて音楽に目覚め、中学2年生の時にギターを購入して音楽を始めました。

田中和将の学歴:高校

田中和将の学歴:大阪府立守口高校

田中和将の学歴、高校は大阪府守口市にあった公立高校「大阪府立守口高校」です。
守口高校は2004年をもって閉校し、現在は「大阪府立芦間高校」となっています。

守口高校は加地健三郎や乾国雄をはじめ数々のプロ野球選手を輩出した他、歌手の円広志、タレントファーストサマーウイカなどを輩出しています。

高校時代はヤンキーだった

田中和将は中学3年生の時に担任に勧められて守口高校への進学を決めましたが、高校時代はいわゆるヤンキーな生活を送っていました。

高校が自宅から遠かったため、雨が降ったら高校に行かないという自由奔放さで、一緒に遊ぶ友人も皆ヤンキーだったといいます。

ただ、そんな生活を送りながらも相変わらず音楽にだけは夢中なままで、高校生の時に大阪府枚方市の公民館で初めてステージに立ち、ライブの楽しさを実感しました。

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

Kamikaze boyの結婚や嫁と子供!不倫相手のインスタと文春砲もまとめ

オオカミの覆面をしオオカミバンドと言われている『MAN WITH A MISSION』のベースとして活躍する…

sumichel / 1465 view

Mr.Childrenのメンバー人気ランキングTOP4!プロフィールも紹介【最新決定…

日本の音楽業界を代表する人気ロックバンドであり、世代を超えて愛されている名曲を多数リリースしているMr.Ch…

kent.n / 1666 view

森純太の身長や若い頃!ギター機材・富田京子との関係も総まとめ【ジュンスカのメンバー】

ロックバンド「JUN SKY WALKER(S)」のメンバーとして、現在も大活躍中の森純太さん。今回の記事で…

kent.n / 7272 view

SUPER BEAVERメンバー&メジャー脱退理由まとめ!プロフィール付き【最新決定…

メンバーの曲「深呼吸」がアニメNARUTOのED曲になるなど、順調なデビューでしたがわずか2年でメジャー落ち…

さくら / 7424 view

角野秀行はハーフ?釧路の事故・結婚相手の嫁や子供まとめ【TUBEのベース】

TUBEのベースとして現在も活躍している角野秀行さんのハーフ説や1988年5月23日に起こした交通事故につい…

passpi / 30360 view

新井和輝が彼女と結婚!嫁の情報・文春砲もまとめ【King Gnu】

人気バンド「King Gnu」のベーシスト・新井和輝の彼女・結婚情報、文春砲をまとめました。メンバーの井口理…

Luccy / 15544 view

成田昭次の若い頃!昔の経歴や過去の不祥事を総まとめ

2022年7月の音楽特番『音楽の日2022』で29年ぶりに男闘呼組が復活し、久しぶりの登場で注目を集めた成田…

sumichel / 10033 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

川谷絵音の身長と体重・髪型やファッションまとめ

ゲスの極み乙女。や indigo la End、ジェニーハイ、ichikoroなど複数のバンドで、それぞれ異…

passpi / 6379 view

喜多建介の身長や結婚は?使用ギターと機材・酒のエピソードまとめ【ASIAN KUNG…

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのリーダーでもある喜多建介さん。今回は喜多建介さんの使用ギタ…

さくら / 8206 view

堀内一史(EBI)の現在!元嫁との子供(息子/娘)や結婚と離婚・再婚・若い頃など総ま…

堀内一史(EBI)さんと言えば若い頃からイケメンでドラマ「若者のすべて」にも出演し俳優デビューも果たしていま…

さくら / 17827 view

久保木博之の今現在!身長や結婚情報も写真付きで紹介【ラッツ&スター】

ラッツ&スターのメンバーでトップテナーボーカルを担当していた久保木博之さんはガソリンスタンドに就職し、仕事を…

さくら / 14588 view

細美武士の結婚や嫁と子供・彼女・会社設立や現在の活動を総まとめ【ELLEGARDEN…

人気バンド「ELLEGARDEN」のメンバーとして活動している細美武士。彼は2019年に結婚し、その嫁や子供…

aquanaut369 / 30308 view

江藤博利の若い頃と現在!身長や結婚した嫁と子供・滑舌や脳梗塞の真相を総まとめ

元『ずうとるび』のメンバーとして一世を風靡した江藤博利さん。 そこで今回は、江藤博利さんの身長を含むプロフ…

sumichel / 11052 view

柴崎浩(WANDSギター)の身長やイケメン説!上杉昇と共に脱退した理由も公開

作曲家でありギタリストとして活躍している柴崎浩は、ロックバンド「WANDS」の初代ギターを担当していました。…

rirakumama / 6730 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング