広告/スポンサーリンク

海外の有名トランペッターランキングTOP50-41

50位:ランディ・ブレッカー

出典:YouTube

ペンシルベニア出身の偉大なトランペットターで、多才な”何でも吹ける”能力 が特徴とされています。1975年にランディ・ブレッカーと兄のマイクはファンキーなアンサブル、ブレッカー・ブラザーズを結成、ランディ・ブレッカーの無数のサイドマンとしての経験により、今でも生存する最高のジャズ奏者の一人であり続けます。

49位:マグシー・スパニア

出典:YouTube

20年代にそのキャリアをスタートさせ、コルネット奏者からトランペットへ転向した30年代後半には、ディキシーランドのジャズ・リバイバルの指揮を執りました。40年代後半にはシドニー・ベシェとボブ・クロスビーと演奏し、50年代にはアール・ハインズのバンドに加わります。ミュート(弱音器)付きのトランペットの名人であるスパニアは、生きる喜びが溢れ出すように鮮やかに演奏すると評されました。

48位:アルヴェ・ヘンリクセン

出典:YouTube

1968年、ノルウェー生まれのトランぺッターです。トロンハイム音楽院で学びながら89年よりトランペッター&インストゥルメンタリストとしての活動を開始、ヨン・バルケ、ニルス・ペッター・モルヴェルなどのジャズマンや即興グループから、ロック・バンドや筝奏者まで幅広いコラボレーション歴を持ちます。先鋭的なフリー・ミュージック・グループ、スーパーサイレントの創立メンバーとしても活躍しています。

47位:エリック・トラファズ

出典:YouTube

1960年フランス東部生まれのジャズ・トランペッターです。84年にオリジナル・バンド“Orange”を結成、92年にマイナー・レーベルから初のアルバムを発表した。97年には仏ブルーノートへ移籍。リミックス盤もリリースするなど、同時代性を見据えた活動で名声を得ました。

46位:マーカス・ベルグレイヴ

出典:YouTube

ペンシルベニア生まれのトランぺッターです。50年代、60年代、そして70年代にデトロイトのジャズ・シーンで重要な存在として活躍、50年代にクリフォード・ブラウンの下で学んでいたが、その後に数年間レイ・チャールズとR&Bを演奏し、60年代にはモータウンのセッションに参加しました。ジャズ、R&B、そしてポップを演奏できる多才なトランペッターです。

広告/スポンサーリンク

45位:ファッツ・ナヴァロ

出典:YouTube

ビバップ・ムーヴメントを代表する者たち(チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル、そしてケニー・クラーク)と共に演奏し、希望の星だったファッツ・ナヴァロの名演奏家スタイルはクリフォード・ブラウンのスタイルに消すことのできない影響を与えたとされています。

44位:ドク・チータム

出典:YouTube

ジャズ発祥の地ニューオリンズ出身のニコラス・ペイトンは神童トランペット奏者として名を馳せました。20年代初期には伝説的ドラマーのエルヴィン・ジョーンズとハモンド奏者の英雄ジミー・スミスと演奏。ニコラス・ペイトンのソロ・アーティストとしてのキャリアは1994年に始まり、これまでに多才で幅広いサウンドを奏でることの出来るトランペット奏者であることを証明、近年ではジャズとエレクトロニカ、ループしたビート、そしてネオ・ソウルを融合するなど様々な発想で表現しています。

43位:ニコラス・ペイトン

出典:YouTube

米ニューオーリンズ出身のジャズ・トランペッターで、1992年に初となるリーダー作を発表して以来、ジャズ・シーンの最前線で活躍しました。自身のルーツとなるニューオーリンズの香りを漂わせながら、ネオ・ハードバップやエレクトリック、ファンクなどを含有した独自のサウンドを創作。2012年にはソーシャルネットワークを中心に、いわゆるBAM騒動でジャズ・シーンに一石を投じたことでも注目を集めました。

42位:クリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー

出典:YouTube

デビュー・アルバムをリリースした時にはまだ19歳という若さだったニューオリンズ生まれのクリスチャン・スコットは、現代の最高の若きトランペット奏者の一人と評されています。彼のサウンドは、本人が呼ぶように “ストレッチ・ミュージック”であり、ジャズ、ヒッポホップ、ロック、エレクトロニカ、そしてアンビエントなどの幅広い要素をひとつにまとめている点が特徴です。

41位:デイジー・リース

出典:YouTube

マイルス・デイヴィスも評価したジャマイカの生まれの異色トランペッターです。16歳になる頃にはすでにプロのミュージシャンとして活躍したが、ヨーロッパへ拠点を移すと一気にキャリアの階段を上がり、歴史に残る最高のジャズ・ミュージシャンたちの仲間入りを果たしました。

海外の有名トランペッターランキングTOP40-31

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

永田雄樹の彼女は中山美穂?結婚の噂・経歴と年収などプロフィールまとめ

ベーシストとして活動している永田雄樹。彼は現在女優の中山美穂との関係が噂になっていて、その真相が気になるファ…

aquanaut369 / 670 view

中島らもの結婚した嫁と子供~息子と娘の情報もまとめ

「今夜、すべてのバーで」「ガダラの豚」「バンド・オブ・ザ・ナイト」などの作品を手掛けた中島らもさん。ミュージ…

kent.n / 7700 view

日本人サックス奏者の有名ランキング90選・男性女性別【最新決定版】

ジャズ系の音楽に欠かせないのがサックスですが、日本のジャズ界にも多くのサックス奏者が活躍しています。そこで今…

maru._.wanwan / 30330 view

松浦勝人と宇野実彩子は愛人関係?2人の仲の真相を調査

エイベックスの会長である松浦勝人。彼は過去にAAAの宇野実彩子との関係が噂され、2人の仲については「愛人関係…

aquanaut369 / 9197 view

上野耕平の両親!実家と家族(父親/母親)&彼女や結婚情報まとめ

サクソフォン奏者の上野耕平の実家と家族についてまとめました。実家の場所や父親・母親・兄弟とのエピソード、現在…

Luccy / 13664 view

藤田真央は天才!身長と性別・経歴と学歴・ピアノの実力と評判などプロフィールを総まとめ

日本のみならず、世界各国から天才ピアニストとして注目を集めている藤田真央さん。藤田真央さんのプロフィールに加…

kent.n / 13134 view

佐田大陸の出身高校と大学は?小学校・中学など学歴まとめ【さだまさし息子】

歌手のさだまさしの長男である佐田大陸は、ヴァイオリニストとして活躍されていますが、学歴が気になるところです。…

rirakumama / 6598 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

末延麻裕子は華僑の中国人?父親/母親/兄弟など家族まとめ

ヴァイオリニスト・末延麻裕子の実家と家族をまとめました。華僑の中国人と噂される出生やルーツをはじめ、幼少期か…

Luccy / 3355 view

清塚信也の嫁は乙黒えり!結婚と子供・馴れ初めも総まとめ

プロピアニストで、作曲家や俳優としても活躍する清塚信也さんですが、2012年に乙黒えりさんと結婚しています。…

sumichel / 3330 view

松浦勝人と宇野実彩子は愛人関係?2人の仲の真相を調査

エイベックスの会長である松浦勝人。彼は過去にAAAの宇野実彩子との関係が噂され、2人の仲については「愛人関係…

aquanaut369 / 9197 view

MIKIKO先生(振付師)の結婚事情!夫は真鍋大度?子供や離婚歴もまとめ

Perfumeや恋ダンスの振付師として知られ、東京オリンピック開閉会式の演出担当だった演出家・振付師のMIK…

Luccy / 13857 view

DJ SAORI上野早織(上野樹里の姉)の家族!父親・母親・兄弟・姉妹まとめ

上野樹里の姉として知られているDJ SAORI(上野早織)。人気DJとして活動していますが、一体どういった家…

aquanaut369 / 589 view

松浦勝人と小室哲哉の仲や関係!決別した経緯や理由・現在の関係を総まとめ

かつて、松浦勝人さんと小室哲哉さんは、蜜月関係にありました。 しかし、1997年を境に両者は完全に決別し、…

passpi / 22122 view

梅澤敦子(渡辺正行の嫁)の結婚と子供!娘や自宅・プロフィールまとめ

フルート奏者として知られている梅澤敦子。旦那がお笑いタレントの渡辺正行で、馴れ初めや子供が気になるファンは多…

aquanaut369 / 2898 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング