広告/スポンサーリンク

クリスタルキングとは…

ムッシュ吉﨑(むっしゅ よしざき)

ムッシュ吉﨑(むっしゅ よしざき)

パンチパーマにティアドロップのサングラスと言う、とてもカタギの人とは思えない風貌を裏切らない、ドスの利いた巻き舌気味の低音担当と…

田中 昌之(たなか まさゆき)

田中 昌之(たなか まさゆき)

アフロヘアに“唯一無二の3オクターブの美声”と称賛された、美しく伸びやかなハイトーンボイスが魅力の高音担当。

そんな対象的な2人のリードボーカルが奏でる奇跡のハーモニーが人気を博し、1970年~80年代にかけて「大都会」や「摩天楼」、「愛をとりもどせ!!」など、数々の大ヒット曲を生み出したツインボーカルによるロックバンドです。

ところが、現在のクリスタルキングは、ムッシュ吉﨑さんによるソロプロジェクトとして活動を続けており、ムッシュ吉﨑さんと田中昌之さんら、他のメンバーとの間に刻まれたミゾは、もはや修復不可能なほど広がっていると言われています。

そこで今回、クリスタルキングのメンバー間に囁かれているいくつかの不仲の理由と、遂には裁判沙汰にまでなってしまった泥沼の内紛についてまとめてみました。

まずは、ロックバンド「クリスタルキング」の経歴について、簡単におさらいしておくことにしましょう。

クリスタルキングの経歴について

ロックバンド「クリスタルキング」は、1971年にムッシュ吉﨑さんを中心に九州で結成されました。

結成当初のクリスタルキングは、ムッシュ吉﨑さん1人がボーカルを担当し、佐世保の米軍キャンプ内にあるクラブや米兵が集まる佐世保市内のディスコで、主に米兵相手にアメリカ音楽を演奏していたと言います。

そこに田中昌之さんが加入したことにより、“低音のムッシュと高音の田中”というツインボーカル体制となったことで、主に九州を中心に徐々に人気が出始めたと言います。

そして、1976年、カバー曲「カモン!ハッスル・ベイビー」で念願のデビューを果たすのですが…セールスは思うように伸びませんでした。

グランプリを獲得して区切りをつけるつもりで臨んだ1978年秋のポプコン本選大会も、円広志さんの「夢想花」によって阻まれ、クリスタルキングは入選に終わってしまうことに…。
控え室で打ちひしがれていたメンバーを見て、ポプコンスタッフの一人がこう声を掛けたそうです。

「お前ら、九州の男やったらもう一回勝負するよね?」

この言葉が彼らの心に火を点け、「次こそは絶対にグランプリを獲ってやる!」そう奮起して作った曲が…これだぁ~

大都会 クリスタルキング - YouTube

出典:YouTube

広告/スポンサーリンク

この「大都会」は、前回の失敗を踏まえて、次のような戦略の下、作られた曲なんだそうな。

「前回はあの“夢想花”のサビのインパクトに負けただけだから、とにかくサビのフレーズで審査員を驚かせればいい。田中の高音で歌メロが始まればビックリして審査員がマルをつけるやろうって(笑)」

(中略)

「とにかくクリキンの最大の武器であるツインボーカルを活かすこと、そしてハッタリを利かすために田中の高音を曲の冒頭に持ってこようと…それだけで決めたんです。」

そんな彼らの戦略がものの見事に大当たりし、翌1979年秋に開催されたポプコンでグランプリを獲得。

しかも、この「大都会」は、同年に開催された「第10回世界歌謡祭」でもグランプリを獲得し、これをきっかけにクリスタルキングは、キャニオン・レコードより再デビューを果たすことになります。

同年11月21日に正式リリースしたデビューシングル「大都会」は、累計150万枚を超えるミリオンセラーを記録すると、翌1980年にリリースした「蜃気楼」は、資生堂のキャンペーンソングに起用され、75万枚の大ヒットを記録しています。

クリスタルキング 蜃気楼 高音質 - YouTube

出典:YouTube

さらに、1984年にリリースした「愛をとりもどせ!!」は、大人気テレビアニメ「北斗の拳」の主題歌に起用され、50万枚のセールスを記録しました。

VHS_クリスタルキング_愛をとりもどせ!!~ユリア・・・永遠に.mpg - YouTube

出典:YouTube

クリスタルキングのメンバーが不仲になった理由とは?

そんなヒット曲を連発していたクリスタルキングだったのですが、その2年後の1986年になると、ツインボーカルの一角を担っていた田中昌之さんが、半ばケンカ別れするような形で脱退してしまうことに…。

脱退の理由は、ロックバンドにはありがちなメンバー間の“音楽の方向性の違い”だったようです。

特に、田中昌之さんは、クリスタルキングの中であまりにハイトーンボイスばかりを期待され続けたことで、自分が本当に歌いたかった音楽との乖離に不満が募り、遂にそれが爆発する形での脱退だったようです。

実際、田中昌之さんが1987年にリリースしたソロアルバム「クロスロード」には、クリスタルキング時代に多用していた高音のシャウトはほとんど見られなかったそうです。

しかし、多くのファンにとっての田中昌之さん魅力といえば、唯一無二のハイトーンボイスなわけで、当然セールスは伸び悩むことに…。

広告/スポンサーリンク
広告/スポンサーリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

栗原寿がイケメン!身長・髪型・中学と高校・兄弟まとめ【back numberドラム】

切ないラブバラードで人気のバンド「back number」でドラムを担当している栗原寿がイケメンだと話題にな…

rirakumama / 530 view

横山健が嫁・吉田麻衣子と再婚!元嫁との離婚原因や子供・マギーとの不倫騒動など総まとめ

「Hi-STANDARD」のギタリスト横山健とモデルの吉田麻衣子が再婚を発表しました。横山健と吉田麻衣子との…

Luccy / 2002 view

ELLEGARDENのメンバーと現在!活動休止から復活した理由も総まとめ

「Space Sonic」などの名曲で日本中のロックファンを熱狂させているロックバンドのELLEGARDEN…

kent.n / 180 view

土屋公平の若い頃!身長や昔を総まとめ【元THE STREET SLIDERS】

ギタリストとして活躍し、元THE STREET SLIDERSのメンバーとして人気を博した土屋公平さん。そこ…

sumichel / 797 view

鈴木エイトの結婚は?嫁と子供・実家の家族を総まとめ

元バンドマンで今はジャーナリストとして話題を集めている鈴木エイト。彼は現在自身の家族にも注目が集まっていて、…

aquanaut369 / 285 view

ルイズルイス加部の現在!身長や家族・病気と死因【イケメンハーフ歌手】

グループ・サウンズの人気バンド「ザ・ゴールデン・カップス」のメンバーだったイケメンハーフ歌手「ルイズルイス加…

Luccy / 816 view

田原健一の嫁は同級生?結婚と子供と自宅まとめ【Mr.Childrenのギター】

人気バンド「Mr.Children」でギターを務めている田原健一。彼は高校時代から交際していた女性と結婚して…

aquanaut369 / 687 view

広告/スポンサーリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

Tomoya(ワンオク)の学歴!出身高校・中学・小学校まとめ

TomoyaさんはONE OK ROCKのメンバーでドラムを担当しています。加入する際には、メンバー全員一致…

さくら / 608 view

阪井一生の身長と体重・ダイエット方法!ビフォーアフターも総まとめ

ロックバンド「flumpool」でギターを務めている阪井一生。彼は過去にダイエットに挑戦し、劇的に痩せたこと…

aquanaut369 / 483 view

爆風スランプの歴代メンバー8人の現在!衝撃順にランキング【最新決定版】

大ヒットナンバー「Runner」などをリリースし、多くの人に元気を与えた爆風スランプ。この記事では、サポート…

kent.n / 364 view

藤原聡の嫁と子供!父や家族・銀行に就職した過去も総まとめ【Official髭男dis…

人気バンド「Official髭男dism」のボーカル・藤原聡の家族・結婚についてまとめました。デビュー前に銀…

Luccy / 816 view

バンプ直井由文に文春砲!A子との不倫LINE画像・捨て台詞を総まとめ

BUMP OF CHICKENのベーシストであり、バンドのムードメーカー的存在として人気が高かった直井由文さ…

passpi / 221 view

粕谷哲司の身長・高校/大学など学歴・プロフィールまとめ【Yogee New Wave…

人気バンド「Yogee New Waves」のドラマー粕谷哲司。彼は高学歴で知られていますが、どういった経歴…

aquanaut369 / 121 view

松本賢一の現在!結婚情報・愛用ベースまとめ【ロードオブメジャー】

バンド「ロードオブメジャー」のベーシスト・松本賢一の愛用ベース・結婚・現在をまとめました。愛用ベースの紹介、…

Luccy / 246 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);